DZHフィナンシャルリサーチ 総合サイト 中国株専門サイト 外国為替専門サイト
無料セミナー
ご意見ボックス
当ウェブサービスの問題点や提供してほしい情報など、トレー
ダーズ・ウェブへのご意見・ご要望を、お気軽にお寄せください。
年齢をご入力下さい ※半角数字
性別をご選択下さい 男性  女性
ご覧のコンテンツ 「
※ご意見ボックスでは「ご質問」や「問い合わせ」には対応して

おりません。御用のお客様は「お問い合わせ」フォームをご利用ください。

HELP(国内株式)
公募増資・売出しについて

 新聞のマーケット欄等に「公募増資を発表したことによる需給悪化懸念から下落〜」とコメントされていることがあります。今回はこの公募増資、売出しについての話です。初心者の方にとってはやや取っ付き難い話ではありますが、特に個別株投資おいては非常に重要なファクターとなりますので、基本的なことは理解しておく必要があるでしょう。


 「公募増資」とは、一般に株主を募集する新株式の発行形態で、時価を基準にした価格で新株式を発行する方法です。公募増資は発行会社にとって株式市場から資金を調達、事業拡大や財務体質改善に対する即効性が期待できるメリットがあります。ただ、株式市場では、新株発行により1株当り利益の希薄化懸念、短中期的な売り圧力と捉えられることが多く警戒されます。


 一方「売出し」は、大株主などが持つ既に発行された株式の売付け、買付けの申込みを勧誘することをいい、比較的多くの株式を売却する場合に用いられる手法です。公募増資と違い新株の発行は伴いませんので、公募増資ほどは需給的な圧力は受けないとされています。


 既存株主にとっては嫌われる公募増資も、考えようによっては当該銘柄の投資機会拡大と捉えることが出来そうです。むろん銘柄選別やマーケットの環境を見極めることが最も重要なことではありますが、安いところで買い、高く売るという株式投資の基本に立ち返れば、公募増資発表というイベントを利用し、状況に応じた投資戦略を練ることも可能ではないでしょうか。


公募・売出し一覧
目次に戻る