DZHフィナンシャルリサーチ 総合サイト 中国株専門サイト 外国為替専門サイト
無料セミナー
ご意見ボックス
当ウェブサービスの問題点や提供してほしい情報など、トレー
ダーズ・ウェブへのご意見・ご要望を、お気軽にお寄せください。
年齢をご入力下さい ※半角数字
性別をご選択下さい 男性  女性
ご覧のコンテンツ 「
※ご意見ボックスでは「ご質問」や「問い合わせ」には対応して

おりません。御用のお客様は「お問い合わせ」フォームをご利用ください。

HELP(国内株式)
市場スケジュールについて

 新聞などの市況解説欄等では、市場関係者のコメントとして、「来週の日銀金融政策決定会合の内容を見極めたい」といった記事を目にする機会が多いと思います。今回の「マーケットスケジュールについて」では、市場で注目されているイベントや経済日程などの見方を出来るだけ簡潔に説明したいと思います。それぞれ細かく吟味すると奥深いものがありますので、内容に関しては簡略し一般的に株式市場で注目度の高いものを挙げてみます。


 まず、市場関係者が注目するのが経済指標の発表です。四半期ごとに発表される「GDP」、「日銀短観」は、国内景気、経済の状況を確認する意味で、市場関係者の誰もが見ている指標ですので重要度は高いといえます。また、月毎に発表されるものでは、主なところで「鉱工業生産指数」、「消費者物価指数」、「卸売物価指数」、「景気動向指数」、「完全失業率」などが挙げられます。また、「機械受注」や「百貨店売上」など特定の業界に関する統計も相場変動要因となることがあります。


 次に、国内金融に関する重要イベントといえば「日銀金融政策決定会合」です。公定歩合の変更はじめ金融政策を司る日銀の意思決定会議ですから、政策変更はもとよりその内容も注目されます。重要経済指標の場合は、発表前の段階で市場予測やマーケットコンセンサスというかたちで、日銀金融政策決定会合においても事前にその予想が出回りますので、実際の数値や内容と比較することが大切です。事前の予測と大きな違いがあれば、市場ではサプライズとして受け止められ、株価変動に繋がることがあります。


 また、経済と密接に絡み合う政治日程についても注意を払う必要があります。特に現在の不況下では、経済.政策に対する市場の期待が大きく膨らんでいますので、予算、税制などの動向を注視していきたいところです。ただ、政治の世界ですから経済指標のように発表予定が確定されているわけではなく、その日程も流動的となりがちですので、その都度新聞やニュースなどで確認することも必要でしょう。


 次に、株式市場特有のイベントを確認しておきましょう。SQ(特別清算指数)は、先物・オプション取引で売買最終日までに反対売買がなされなかった場合の最終清算指数のことです。特に3ヶ月に一度の株価指数先物のSQ算出日には、売買高も膨らみ大きな相場変動が伴う場合があります。その他、日経平均など指数構成銘柄の入れ替え、各企業の新規上場、合併、鞍替えや指定替えなど様々なイベントがあります。また、3月決算期企業は4月後半から5月に決算発表が集中しますので、主力企業の発表予定日などは事前に確認することが可能です。さらに各企業の注目製品の発売日や発表会、また大会場で行われる特定業種の展示会なども個別企業の株価に影響してくる場合があります。


 さらに現在の国内株式市場は海外要因で変動することも多く、特に米国の株価動向に影響受けることがよくあります。米国の場合は注目される経済指標の数も多く、その内容次第では株価に大きな影響を及ぼします。また、金融政策においてはFOMC(連邦公開市場委員会)、FRB(連邦準備制度理事会)などの動向も世界中から注目を浴びます。


 こうした経済やマーケットに関連するタイムテーブルは、月曜日の日経新聞や各種ウェブサイトなどに掲載されていますので、投資に興味のある方はもとより経済の流れを把握する上でも、定期的に確認する習慣をつけていきましょう。



市場スケジュール
目次に戻る