DZHフィナンシャルリサーチ 総合サイト 中国株専門サイト 外国為替専門サイト
株式検索
ご意見ボックス
当ウェブサービスの問題点や提供してほしい情報など、トレー
ダーズ・ウェブへのご意見・ご要望を、お気軽にお寄せください。
年齢をご入力下さい ※半角数字
性別をご選択下さい 男性  女性
ご覧のコンテンツ 「
※ご意見ボックスでは「ご質問」や「問い合わせ」には対応して

おりません。御用のお客様は「お問い合わせ」フォームをご利用ください。

 【トレーダーズ・プレミアム】ログインフォーム
アカウント
パスワード
『トレーダーズ・プレミアム』について ※会員サービスQ&A

 トレーダーズ・プレミアムのホームページ上に掲載されている情報は、投資判断の参考として投資一般に関する情報提供を目的としたものであり、投資に関する最終的な決定は、利用者ご自身の判断でなさるようにお願いいたします。
 トレーダーズ・プレミアムのホームページ上の情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。
当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、株式会社DZH フィナンシャルリサーチ及び情報提供者は一切の 責任を負いかねます。
 トレーダーズ・プレミアムのホームページに記載されている内容の著作権は、株式会社DZH フィナンシャルリサーチ及び 情報提供者に帰属します。当該掲載情報の転用、複製、販売等の一切を固く禁じております。
ニュース ヘッドライン一覧 関連ニュース 最新のニュース
2017/03/21 11:30:03 [ 印刷 ]

前場コメント No.8 明治HD、不二製油G、カイカ、ロイヤルHD、富士電機など

★9:33  明治HD−SMBC日興が目標株価引き上げ 収益拡大局面を経て再び事業投資の時期へ
 明治ホールディングス<2269.T>が4日ぶり反発。SMBC日興証券では、収益拡大局面を経て再び事業投資の時期へとコメント。投資評価「2(中立)」を継続も、目標株価は8450円→9190円と引き上げた。
 ここ数年の収益構造の見直しによって、同社の営業利益水準は12.3期の200億円程度から現在の900億円前後へ飛躍的に拡大した。SMBC日興では来18.3期以降も、ヨーグルトやチョコレートなどの高収益製品の拡販をドライバーとした業績拡大を予想するとしたが、その拡大ペースはさすがに鈍化すると予想。また、同社もいったんの業績拡大を果たしたことで、次の10年を見据えた成長投資などを考え始める時期としている。SMBC日興では、株式市場が低採算アイテムの削減などによる収益改善スピードを大きく評価してきたとみているとし、今後については再成長へ向けた仕込みの効果へと視点が移る見通し。

★9:37  不二製油G−SMBC日興が目標株価引き上げ 新中計で経営陣の意思は確認
 不二製油グループ本社<2607.T>が5日続伸。SMBC日興証券では、新中計で経営陣の意思は確認、実行力に注目とコメント。投資評価「2(中立)」を継続も、目標株価は2060円→2440円と引き上げた。
 今17.3期営業利益予想を2%減額する半面、来18.3期と19.3期については2〜3%増額。株式市場にとって同社は、市況変動に業績が振られやすいシクリカル企業と位置付けられることが多い。同社が今回示した中期計画は、キャッシュコンバージョンサイクルの短縮を含めた資本効率改善も含めて、株式市場の見方への挑戦と言える。経営陣のスタンスの変化は理解できたため、実行力に注目していきたいとした。

★9:41  野村総合研究所−みずほが目標株価引き上げ 利益率改善が続く
 野村総合研究所<4307.T>が3日ぶり反落。みずほ証券では、利益率改善が続くと想定。投資判断「買い」を継続、目標株価を4318円→4960円と引き上げた。
 今17.3期3Q決算を受けて、マージンの改善余地の大きさを評価。2つの利益率改善のエンジンが有効に機能し、今後も構造的なマージンの改善傾向が期待できる中、同社が中計で推し進めるコンサルティングとソリューションの融合が新たな利益率改善のエンジンとして機能してくれば、中期的にはPER30倍での評価も可能と判断。特需一巡後のITサービス業界で重要となっている上流工程に強みを有する数少ない会社として評価。直近の好パフォーマンスの反動などで一時的に株価が弱含む局面は、買い増し姿勢で挑みたいとした。

★9:43  カイカ −続落 1Q営業益40.6%減 売上高の減少で
 カイカ <2315.T>が続落。同社は17日に、17.10期の1Q(11-1月)の連結営業利益は3200万円(前年同期比40.6%減)だったと発表した。
 売上高の減少が響いた。なお、売上・利益ともに回復基調にあり、計画を上回るペースで進ちょくしているが、顧客の多くが3月末決算の会社であり、本格的な受注増となる時期は顧客の新年度にあたる今年4月以降になるとしている。

★9:45  ロイヤルHD−みずほが目標株価引き上げ 機内食は5期ぶりの増益転換を予想
 ロイヤルホールディングス<8179.T>が3日続伸。みずほ証券では、機内食は5期ぶりの増益転換を予想。投資判断「中立」を継続も、目標株価は2050円→2320円と引き上げた。
 前16.12期決算説明会後の取材を踏まえ、業績予想を見直し。今後3年間のCAGRは、売上高で2%、経常利益で6%を予想。3年間累計で直営5ホテルの増加を予定するホテル事業が、引き続き利益の成長ドライバーになる見込み。加えて、2016年7月に傘下2社を合併した機内食事業の統合メリット発現にも注目。機内食事業は今17.12期に5期ぶりの増益転換を予想。

★9:48  富士電機−水戸が目標株価引き上げ 経営資源を効率的に活用している経営姿勢を評価
 富士電機<6504.T>が続落。水戸証券では、経営資源を効率的に活用している経営姿勢は、投資家からの評価が高まると想定。レーティング「B+」を継続、目標株価は710円→800円と引き上げた。
 来18.3期は売上高8740億円(+5%)、営業利益511億円(+10%)と予想。セグメント別の見通しでは、国内の発電プラント拡大を見込む発電・社会インフラ、国内の更新需要を見込む産業インフラ、終始改善が見込めるパワエレ機器、以上3つのセグメントが大きく寄与する見込み。また、今期同様、コスト削減効果を織り込んでいるとした。

ヘッドライン一覧 ジャンルを絞り込む
▼ 2017/7/25
13:24 チェンミン・ペーパー、中期手形の発行計画などを発表
13:22 MORESCO−続伸 10年後を見据えた長期経営計画を策定へと報じられる
13:10 ドルの上値が重い、ドル円は一時111.00円割れ
13:08 シャープ−続伸 米国でテレビ販売に再参入 サブブランドを新たに作成
13:07 〔Market Flash〕鉄鋼市場への影響力を強める中国先物市場〜SMBC日興
13:01 指月電機−大幅続伸 村田製作所と車載用高耐熱フィルムコンデンサを共同開発
12:58 ユニチカ−底堅い 植物由来の新素材活用複合材向けプラント新設
12:56 クロスフォー−大幅高 土橋社長「今後もオリジナルの新製品を開発したい」と記事掲載
12:53 ドル円、111円半ばからは売り優勢
12:47 富士フイルム−3日続落 高い柔軟性・高耐久性実現のインクジェット技術を開発
12:46 日立造船−続伸 業務・産業用SOFCの実負荷環境による実証事業開始
12:44 ハブ−急伸 ヤフーニュース「勢い止まらぬ「HUB」なぜ人気?」を材料視
12:42 〔Market Flash〕自動車セクターへの前向きな見方に変更なし〜三菱UFJMS
12:39 gumi−大幅に3日続伸 スマホ向けゲーム「スマッシュ&マジック」300万DL突破
12:33 ユーシン−小安い 投資有価証券売却益3億6900万円が発生 3Qに計上へ
12:32 OKI−もみ合い 人との自然な対話を可能とするAI対話エンジン「Ladadie」提供開始
12:10 新疆衆和の17年6月中間決算、純利益が最大3.7倍の見通し
12:09 午前まとめ=ドル円・クロス円 仲値前後の買いも続かず
12:07 25日午前の記事一覧:中海石油化学、17年6月中間決算は黒字転換の見通しなど
11:31 前場コメント No.13 アズジェント、ツナグS、JT、インフォマート、リアルワールド…
11:31 前場コメント No.12 平和不動産リート、ケアサービス、安川電機、セブン銀行、信越ポ…
11:31 前場コメント No.11 テラ、ミネベアミツミ、エリアリンク、レントラックス、エンプラ…
11:31 前場コメント No.10 ヤマトHD、シンフォニア、セイノー、日本電産、アイスタディな…
11:31 前場コメント No.9 サンウッド、コーナン商事、ミネベアミツミ、塩野義製薬、パルス…
11:31 前場コメント No.8 アドバンテスト、ヒロセ電機、日本通運、ベクトル、イーブックな…
11:31 前場コメント No.7 ナガワ、ライトオン、フィルカンパニー、三信電気、アイフルなど
11:31 前場コメント No.6 日本ガス、田辺三菱製薬、クレディセゾン、アクセル、ASJなど
11:31 前場コメント No.5 パナソニック、マルマエ、東急、鉱研工業、ニトリなど
11:31 前場コメント No.4 グノシー、トヨタ、安川電機、アコム、ソルクシーズなど
11:31 前場コメント No.3 ブライトパス、マルカキカイ、加賀電子、大王製紙、昭和電工など
1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  次へ 


マーケットの話題
東京市場 日本株トップページ
日経平均は3日続落 原油価格の上昇で石油・石炭製品が高い (7/25)
 25日前場の日経平均は3日続落。序盤は円相場が弱含んだことを背景に出遅れ株中心に買いが入り反発して始まった。買い一巡後には、手掛かり材料難から見送り姿…

【全文表示】

海外市場はまちまち、方向感に乏しい… (7/25)
円高警戒でも値上がり銘柄は多い、個… (7/24)
日経平均は続落 大塚商会が5日連騰… (7/24)

ニューヨーク市場 米国株トップページ
NY市場概況−ダウ続落もナスダックが最高値更新 (7/25)
 24日のNY株式相場は高安まちまち。アップルなどテクノロジー株の上昇を受けてナスダック総合が0.36%高と反発し、再び史上最高値を更新した。一方、ダウ平均と…

【全文表示】

香港・上海市場 中国株トップページ
香港前引け:続伸、小動きに終始 テンセントや本土銀行が相場支え (7/25)
 25日前場の香港株式市場でハンセン指数は小幅続伸。前場終値は前日比0.01%高の26849.76ポイントだった。H株指数は0.22%安の10797.46ポイント。半日のメイン…

【全文表示】

本土前引け:反落、前日終値を挟みも… (7/25)
香港寄り付き:小動きでスタート、上… (7/25)
本土寄り付き:安寄り後に切り返し、… (7/25)
外国為替市場 外国為替トップページ
東京午前=ドル円 昨日の高値超えするが上値の重さは継続 (7/25)
 東京午前の為替市場は、ゴトー日(5・10日)の仲値にかけてドル円とクロス円は強含みで推移したものの、その後は昼にかけて失速していった。日経平均は高寄り…

【全文表示】

東京為替見通し=ドル円、下攻め一服… (7/25)
NY為替・24日=ドル円強含み、米債利… (7/25)
東京為替サマリー(24日) (7/24)
岩井コスモ証券
注目コンテンツ
ニュースランキング
1 前場コメント No.1 アルバック、東芝、イオンFS、NTTドコモ、ADワークスなど
2 前場コメント No.2 オリックス、ヒューリック、enish、日本電産、タカラレーベンなど
3 前場コメント No.12 平和不動産リート、ケアサービス、安川電機、セブン銀行、信越ポリマーなど
4 前場コメント No.11 テラ、ミネベアミツミ、エリアリンク、レントラックス、エンプラスなど
5 前場コメント No.13 アズジェント、ツナグS、JT、インフォマート、リアルワールドなど
マーケットデータ
現値
日経平均 19,955.47 -20.20
TOPIX 1,618.08 -3.49
東証2部指数 6,308.11 +43.78
JASDAQ 3,351.31 +11.20
マザーズ 1,188.99 +6.82
7月25日 13:20 更新
終値
ドル/円 111.11 +0.01
ユーロ/円 129.46 +0.11
10年国債 0.07 0.00
2年国債 -0.12 0.00
7月25日 11:35 更新
出来高
東証1部 802120 900456
東証2部 127790 30092
7月25日 11:35 更新



トレーダーズ・コンパス
トレンドを探る 7/24
移動平均
パラボリック
H&L転換
ポイント&フィギュア
総合判定
買われ過ぎ・売られ過ぎを探る 7/24
RSI 52.85
ストキャスティクス 28.91
騰落レシオ 117.57
乖離率 -0.36%
総合判定 買われ過ぎ
判断基準 ≫
 
株価が20分ディレイ更新になりました(6/19)
弊社日本株情報サイトの株価更新がこれまでの一日2回(引け後)から “20分ディレイ更新” になり、銘柄ページやランキングコンテンツが場中でもご活用いただけるようになりました。
≫ 個別銘柄ページ「ソフトバンク」

会員サービス 『 トレーダーズ・プレミアム 』 のご案内
毎朝寄り付き前にお届けする 『推奨銘柄』 はもろん、インターネット情報では珍しい、株式アナリストのアドバイスが1対1で受けられるサービス 『投資相談室』 も提供しています!
≫ 詳細はこちら

【無料メルマガ】 『 日刊 トレーダーズ 』 のご案内
当サイト人気情報の 『明日の戦略』 や、市場が注目した銘柄に関するニュースを毎夕メールでお届けしています!
≫ 詳細はこちら