DZHフィナンシャルリサーチ 総合サイト 中国株専門サイト 外国為替専門サイト
ご意見ボックス
当ウェブサービスの問題点や提供してほしい情報など、トレーダーズ・ウェブへのご意見・ご要望を、お気軽にお寄せください。
【注意事項】
※ご意見ボックスでは「ご質問」や「問い合わせ」には対応しておりません。 御用のお客様は「お問い合わせ」フォームをご利用ください。
※「トレーダーズ・メールマガジン」の配信停止につきましては、お申込いただいたメール配信サービス「まぐまぐ」にてお手続きください。 まぐまぐの配信停止は こちら をクリック。
【入力フォーム】
年齢をご入力下さい ※半角数字
性別をご選択下さい 男性  女性
ご覧のコンテンツ 「

本日の更新状況

インフォメーション
新コラムを追加しました
今回はトレンドフォローの投資スタイルにピッタリな「スクリーニングアイデア」をご紹介しています。面倒な設定を自動入力してくれるアシストボタンも付いているので、どんな銘柄が抽出されるか是非お試しください!
≫ トレンドフォローをβ値で

緊急事態宣言に伴う当社のサービスについて
≫ 詳しくはこちらをご覧ください

日本株アナリストを募集中
日本株情報のプロとして、個別株や株式市場全般に関する材料・分析コメントを作成・配信するお仕事です。
≫募集の詳細はこちら

会員サービス『 トレーダーズ・プレミアム 』のご案内
毎朝寄り付き前にお届けする 『推奨銘柄』 はもろん、インターネット情報では珍しい、株式アナリストのアドバイスが1対1で受けられるサービス 『投資相談室』 も提供しています!
≫ 詳細はこちら
マーケットの話題 [ 印刷 ]
明日の戦略
1/25 16:49
あっさり昨年来高値を更新、決算期待でリスクオンムードが強まるか
 東証1部の騰落銘柄数は値上がり1449/値下がり654。東証1部復帰を発表した東芝が一時ストップ高となるなど急騰。同社の貢献で東証2部指数は5%を超える上昇となった。製品値上げに踏み切るとの観測が報じられたルネサスが堅調。コロナ合併症薬の研究開発に乗り出しすと報じられた武田が大幅高となった。証券会社のリポートを手掛かりに、旭化成、住友化学、宇部興産の化学大手がそろって5%台の上昇。韓国で電動化対応投資に対する公的支援を獲得したと発表したGMBが値を飛ばした。

 一方、任天堂とソニーのゲーム大手が軟調。シャープ、パナソニック、富士通など先週急伸した電機株が売りに押された。建設株は株高の流れに乗れず、大成、鹿島、清水、大林組の大手4社がそろって下落。月次が失望材料となったレントラックスや西松屋チェーンが大幅安となった。

 日経平均は引け間際に買いが入って昨年来高値を更新した。序盤に売り買いをこなした後は、プラス圏は定着したものの上を試しそうな雰囲気はなかっただけに、意外感のある動きとなった。間を置かずに1月14日の取引時間中の高値28979円を上回ってくるかが、目先の焦点。決算発表ラッシュはこれからというところで、早々に29000円台に乗せるようなら、今回の決算確認中に3万円に乗せる展開も十分期待できる。引け後に3Q決算を発表した日本電産は、同時に通期見通しの引き上げと自己株取得を発表した。株価は高値圏にあるため、業績好調はある程度織り込まれてはいるだろうが、先陣を切る企業として、決算期待を高める役割は果たしたといえる。信越化学や東京エレクトロン、アドバンテストなど、今週決算を発表する大型ハイテク株に先回り買いが入るかに注目しておきたい。




後場概況
1/25 15:27
日経平均は反発 高値引けで昨年来高値を更新
 25日の日経平均は反発。終値は190円高の28822円。上昇して始まったがすぐに下げに転じるなど、序盤は方向感に欠ける展開。しかし、下押し圧力がそれほど強まらなかったことから、次第に買いが優勢となった。100円近く上昇したところでは上値追いにも慎重姿勢が見られ、しばらくこう着ムードが強まった。後場も大半の時間帯は動意薄。しかし、取引終盤にまとまった買いが入ると、28800円台に乗せて高値引け。終値ベースで昨年来高値を更新した。

 東証1部の売買代金は概算で2兆1000億円。業種別では医薬品や繊維、サービスなどが上昇した一方、海運や建設、金属製品などが下落している。警察庁のインターネット情報検索用資器材の大型案件を受注したと発表したテリロジーが、後場に買いを集めてストップ高。半面、3Qが減収減益となったカイノスが大幅安となった。

前場概況
1/25 11:40
日経平均は反発 ルネサスが大幅上昇
 25日前場の日経平均は反発。前引けは135円高の28767円。上昇して始まったものの、すぐにマイナス転換。開始30分くらいまではプラス圏とマイナス圏を行き来した。しかし、28500円どころでの下値の堅さを確認すると買いに勢いがつき、上げ幅を3桁に拡大。いったん萎んだが11時以降に再び買いが入り、高値圏で前場の取引を終えた。

 東証1部の売買代金は概算で1兆0300億円。業種別では医薬品や電気・ガス、サービスなどが上昇している一方、海運やその他製品、金属製品などが下落している。半導体の品薄を受けて、顧客企業に製品価格の値上げを要請したと報じられたルネサスエレクトロニクスが大幅上昇。半面、月次が失望を誘ったレントラックスが急落している。

今日の株式見通し
1/25 7:35
もみ合いか ダウ平均は3桁下落もナスダックは上昇
 東京市場はもみ合いか。先週末の米国株はまちまち。ダウ平均とS&P500が下落した一方、ナスダックは上昇した。ダウ平均は179ドル安の30996ドルで取引を終えた。アップルなど主力グロース株が買われた一方、景気敏感系の銘柄は利益確定売りに押された。ドル円は足元で103円80銭近辺で推移している。CME225先物は円建ては大証日中終値と比べ20円安の28610円、ドル建ては5円安の28625円で取引を終えた。

 ダウ平均の3桁下落は警戒材料ではあるが、米グロース株の堅調はハイテク株高への期待を高める。強弱感が入り交じる中、指数は動意に乏しい展開を予想する。下げる場面があったとしても、節目の28500円はサポートになるだろう。きょう引け後には日本電産が3Q決算を発表予定。また、26〜27日にはFOMCが開催される。これらを前に様子見姿勢が強まりそうだ。日経平均の予想レンジは28500円-28750円。