DZHフィナンシャルリサーチ 総合サイト 中国株専門サイト 外国為替専門サイト
ご意見ボックス
当ウェブサービスの問題点や提供してほしい情報など、トレーダーズ・ウェブへのご意見・ご要望を、お気軽にお寄せください。
【注意事項】
※ご意見ボックスでは「ご質問」や「問い合わせ」には対応しておりません。 御用のお客様は「お問い合わせ」フォームをご利用ください。
※「トレーダーズ・メールマガジン」の配信停止につきましては、お申込いただいたメール配信サービス「まぐまぐ」にてお手続きください。 まぐまぐの配信停止は こちら をクリック。
【入力フォーム】
年齢をご入力下さい ※半角数字
性別をご選択下さい 男性  女性
ご覧のコンテンツ 「
本日の更新状況

インフォメーション
「コラム」に新しい記事をアップしました!
今回のコラムは相場の買われ過ぎや売られ過ぎの判断指標として人気の「騰落レシオ」の活用法です。ぜひご覧ください。
≫ 騰落レシオで押し目買いのチャンスを狙え!

新コンテンツ「コラム」をリリースしました
投資に役立つ情報やアイデアなどなどを定期的にお届けする「コラム」がスタートしました。ぜひご活用ください!
≫ 最新記事はこちら!

緊急事態宣言に伴う当社のサービスについて
≫ 詳しくはこちらをご覧ください

日本株アナリストを募集中
日本株情報のプロとして、個別株や株式市場全般に関する材料・分析コメントを作成・配信するお仕事です。
≫募集の詳細はこちら

会員サービスに『スマホ版』をリリースしました
いつでもどこでも、PC環境に近い株情報収集が可能となりました。スマートフォンをお持ちの皆様はぜひお試しください!
≫ 会員サービスの詳細はこちら

会員サービス『 トレーダーズ・プレミアム 』のご案内
毎朝寄り付き前にお届けする 『推奨銘柄』 はもろん、インターネット情報では珍しい、株式アナリストのアドバイスが1対1で受けられるサービス 『投資相談室』 も提供しています!
≫ 詳細はこちら
マーケットの話題 [ 印刷 ]
明日の戦略
8/7 16:49
3日続落も週間では大幅高、連休明けは地合いも改善か
 東証1部の騰落銘柄数は値上がり908/値下がり1183。1Q好決算の任天堂が全市場の売買代金トップとなる大商いで大幅上昇。スクエニHDも1Q決算が好感されて一時ストップ高となるなど、ゲーム株の動きの良さが目立った。アルペンやゴールドウインなどスポーツ関連も業績絡みのリリースを材料に大幅高。前期計画上振れのメルカリは11%近い上昇となった。また、JAL、ANAやJR東海など売り込まれていた運輸株にリバウンド狙いの買いが入った。一方、ハイテク株が軒並み安となり、直近で決算を受けて売られたレーザーテックやアドバンテストが大幅安。3Q大幅減益見込みのSUMCOが厳しい下げとなった。今期最終赤字見込みの資生堂は8%超の下落。ジャストシステムや三菱マテリアルが決算を材料に大きく値を崩し、今期大幅減益見込みの日東紡はストップ安をつける場面もあるなど急落した。本日マザーズに新規上場したティアンドエスは買いが殺到して初値は持ち越しとなった。

 日経平均は3日続落となったが、週間では2.9%(約619円)の上昇。前週7月31日に終値で22000円を割り込みヒヤッとさせられたが、今週はそれなりに持ち直した。週足チャートでは13週線(22042円、7日時点、以下同じ)や52週線(21846円)がサポートとなっており、特に上向きの13週線より上を維持できるかどうかが目先の注目点となる。業種別では、海運、鉱業、鉄鋼、空運、輸送用機器が週間の上昇率トップ5となっており、景気敏感系かつ出遅れ感の強いところが物色されている。一方、きょうは7月上旬まで鋭角的に上昇していたレーザーテックが急落した。短期的には値持ちの良かった銘柄をいったん手じまい、過熱感の少ないところを選好する流れが強まる可能性がある。

【来週の見通し】 堅調か。東京市場は4日立ち合い。今週の日本株は週後半の動きが弱かったが、米雇用統計と三連休を控えており、これらを前にリスク回避の売りも出やすい状況であったと推測される。それだけに、連休明けは比較的買いが入りやすい地合いになると考える。引き続き決算発表が多く、11日のソフトバンクGは中でも注目を集める。個人投資家人気の高い新興企業の決算も多く、個別の材料には事欠かない。引き続き為替動向には一喜一憂することになりそうだが、米国株にしっかりとした動きが見られている点は安心材料。為替の影響が相対的に軽微な中小型株に流れが向きそうだ。

【今週を振り返る】 前半堅調、後半軟調で週を通しては上昇した。8月相場に突入したが、日経平均は3日、4日と連日で大幅上昇。米国株高や円高一服が支援材料となったが、前週、月末にかけて大きく値を崩したこともあり、その反動も大きいものとなった。ただ、22500円台を回復した後は到達感が出てきて上値が重くなった。ドル円が再び円高方向に傾くと、米国株が上昇しても日本株はこれに連動できない状況が続き、次第に週末の米雇用統計に対する警戒が強まった。米国ではナスダックが終値で初めて11000ポイント台に乗せたが、これを受けた7日は国内ハイテク株が売りに押されるなど、ちぐはぐな動きも見られた。週間では2勝3敗と下落日の方が多かったが、前半の貯金が大きく週間では619円の上昇。週足では3週ぶりに陽線を形成した。




後場概況
8/7 15:25
日経平均は3日続落 福山通運が一時ストップ高
 7日の日経平均は3日続落。終値は88円安の22329円。小高く始まったものの早々にマイナス転換。米国株の上昇に連れ高できない地合いが続く中、その後はマイナス圏での一進一退が続いた。下押し圧力は強かったものの、大きく下げるところでは買いも入る展開。後場寄り直後には下げ幅を200円超に広げるなど下を試しに行ったが、22200円は割り込まずに踏みとどまると、その後はじわじわと下げ幅を縮めた。結局、2桁の下落までにとどまり、22300円台まで戻して取引を終えた。一方、マザーズ指数はメルカリの急伸などが貢献して、概ね堅調に推移した。東証1部の売買代金は概算で2兆2700億円。業種別では空運や鉱業、その他製品などが上昇した一方、非鉄金属や金属製品、化学などが下落した。上方修正を発表した福山通運が急騰。後場にはストップ高をつける場面もあった。半面、上期は2桁の営業増益も従来計画は下振れたSBSホールディングスが後場に入って急落した。

前場概況
8/7 11:39
日経平均は3日続落 メルカリが急騰
 7日前場の日経平均は3日続落。前引けは144円安の22273円。米国株が強く寄り付きは小幅高となったが、早々に下げに転じた後は下値を模索する展開。22300円どころではいったん下げ渋る動きも見られたが、11時を過ぎたあたりから売りの勢いが強まり、前引け間際に安値をつけた。ハイテクを中心に値がさ株に売られるものが多かった一方、空運など売り込まれた銘柄にはリバウンド狙いの買いも入っており、TOPIXは相対的にしっかりとなった。東証1部の売買代金は概算で1兆1200億円。業種別では鉱業や空運、その他製品などが上昇している一方、非鉄金属や化学、金属製品などが下落している。前期の着地が従来計画を上振れたメルカリが急騰。半面、上期は大幅減益で着地し、3Qでも大幅減益を見込むSUMCOが急落している。

今日の株式見通し
8/7 7:29
米雇用統計発表を前に様子見相場か
 東京市場はもみ合いか。米国株は上昇。ダウ平均は185ドル高の27386ドルで取引を終えた。3指数とも序盤は下げる場面もあったが、経済対策への期待が強く、終盤にかけて上げ幅を広げる展開。新規失業保険申請件数が前回から減少したことも安心材料となった。ナスダックは初めて終値で11000ポイントを上回った。ドル円は足元で105円50銭近辺で推移している。CME225先物は円建ては大証日中終値と比べて20円高の22410円、ドル建ては40円高の22430円で取引を終えた。

 米国株は強いが、このところの日本株はこの流れに連動できていない。CME225先物はきのうの日経平均終値(22418円)とほぼ同水準。ドル円も円高気味に推移しており、米雇用統計の発表を前にしては動意は限られると予想する。ナスダックの11000ポイント乗せは明るい材料ではあり、三連休前でもリスク回避の売りは抑制されそう。ただ、重要指標の発表を前に商いは細ると想定される中、22500円より上を積極的に買い上がるような流れにもなりづらいと考える。日経平均の予想レンジは22300円-22550円。