DZHフィナンシャルリサーチ 総合サイト 中国株専門サイト 外国為替専門サイト
ご意見ボックス
当ウェブサービスの問題点や提供してほしい情報など、トレー
ダーズ・ウェブへのご意見・ご要望を、お気軽にお寄せください。
年齢をご入力下さい ※半角数字
性別をご選択下さい 男性  女性
ご覧のコンテンツ 「
※ご意見ボックスでは「ご質問」や「問い合わせ」には対応して

おりません。御用のお客様は「お問い合わせ」フォームをご利用ください。

インフォメーション
会員サービス『 トレーダーズ・プレミアム 』のご案内
毎朝寄り付き前にお届けする 『推奨銘柄』 はもろん、インターネット情報では珍しい、株式アナリストのアドバイスが1対1で受けられるサービス 『投資相談室』 も提供しています!
≫ 詳細はこちら

【無料メルマガ】『日刊トレーダーズ』のご案内
当サイト人気情報の 『明日の戦略』 や、市場が注目した銘柄に関するニュースを毎夕メールでお届けしています!
≫ 詳細はこちら
ウィークリーレポート

MTG効果

7/13

 7月第2週は美容健康機器のMTGが上場。上場は1社だけとなったが、サイズはメルカリに次ぐ大型案件。市場への影響は大きく、それまで上昇し続けていた銘柄は換金売りでストップ安になるほどで、上場した10日のマザーズ指数は朝方はプラスで始まりながらも、結局反落して終えた。この日の日経平均株価や日経JASDAQ平均株価、東証2部指数など他の市場はプラスで終えていたので、いかに影響が大きかったかが分かる。

 MTGは期待通りに堅調にスタート。記者会見で出た強気な発言も材料視され、その後も値を伸ばし、直近上場株にも一時買いが広がった。中でも国際紙パルプ商事は世界的に広がるプラスチック規制も材料になり、システム障害による特殊要因で付けた高めの初値水準を取り戻した。

 今年は7月にしては珍しく上場ラッシュになるが、海の日の三連休は予定がない。MTGが思いのほか強かったのは、メルカリとは真逆に後ろに予定がないことも関係しているのだろう。三連休を前に手じまい売りが出て、一相場終わった形になったが、決算発表シーズンを前に全体の相場も再び強い。貿易戦争の行方は決して楽観視できるものではないが、いい形で季節外れのミニラッシュを迎えることができそうだ。