DZHフィナンシャルリサーチ 総合サイト 中国株専門サイト 外国為替専門サイト
ご意見ボックス
当ウェブサービスの問題点や提供してほしい情報など、トレーダーズ・ウェブへのご意見・ご要望を、お気軽にお寄せください。
【注意事項】
※ご意見ボックスでは「ご質問」や「問い合わせ」には対応しておりません。 御用のお客様は「お問い合わせ」フォームをご利用ください。
※「トレーダーズ・メールマガジン」の配信停止につきましては、お申込いただいたメール配信サービス「まぐまぐ」にてお手続きください。 まぐまぐの配信停止は こちら をクリック。
【入力フォーム】
年齢をご入力下さい ※半角数字
性別をご選択下さい 男性  女性
ご覧のコンテンツ 「
本日の更新状況

インフォメーション
「コラム」に新しい記事をアップしました!
今回のコラムは相場の買われ過ぎや売られ過ぎの判断指標として人気の「騰落レシオ」の活用法です。ぜひご覧ください。
≫ 騰落レシオで押し目買いのチャンスを狙え!

新コンテンツ「コラム」をリリースしました
投資に役立つ情報やアイデアなどなどを定期的にお届けする「コラム」がスタートしました。ぜひご活用ください!
≫ 最新記事はこちら!

緊急事態宣言に伴う当社のサービスについて
≫ 詳しくはこちらをご覧ください

日本株アナリストを募集中
日本株情報のプロとして、個別株や株式市場全般に関する材料・分析コメントを作成・配信するお仕事です。
≫募集の詳細はこちら

会員サービスに『スマホ版』をリリースしました
いつでもどこでも、PC環境に近い株情報収集が可能となりました。スマートフォンをお持ちの皆様はぜひお試しください!
≫ 会員サービスの詳細はこちら

会員サービス『 トレーダーズ・プレミアム 』のご案内
毎朝寄り付き前にお届けする 『推奨銘柄』 はもろん、インターネット情報では珍しい、株式アナリストのアドバイスが1対1で受けられるサービス 『投資相談室』 も提供しています!
≫ 詳細はこちら
ウィークリーレポート

明暗分かれた保育園株

8/7

 近年上場が増加する業態のうちに保育園運営会社があるが、7日の株式相場では2社の明暗がきれいに分かれた。一時ストップ高したテノ.ホールディングスに対し、global bridge HOLDINGS(gbHD)はストップ安に張り付いたのだ。前日の業績予想修正を受けてのことだが、同じ業態でありながらあまりに対照的だ。

 保育園は新型コロナの対応で一時休園、登園自粛などの措置が各自治体で執られたわけだが、収益となる保育料は各月の在籍園児数を基に自治体から受け取り、これは休園しても変わらない。このことを根拠に保育園各社は業績への影響は軽微だとアナウンスしていた。
  ところが6日、両社はともに業績予想を修正した。gbHDは経常利益を14億5100万円→2億4600万円と大幅に引き下げた半面、テノ.は4億4600万円→5億8100万円(圧縮記帳方式)と3割引き上げた。アナウンス通り売上高については微修正にとどまったのだが、新型コロナへの対応でgbHDは人件費を上乗せ。用品費、消耗品、事務用品も余計にかかっており、費用がかさみ利益を圧迫。一方、テノ.は登園自粛で運営費そのものが計画より減少したとして、利益を上乗せしてきたのだ。

 対応の仕方でここまで差が出るものかと思うが、そのほか競合で4月以降が含まれる決算を発表したところに大きなブレは見られない。利用者としてはコストをかけて対策してくれている保育園の方が安心できるというものだが、一方でgbHDは昨年末に東証プロ市場からマザーズに市場変更した直後にも、業績予想を下方修正していた。実はプロ向け市場時代も営業利益に限ってだが、下方修正をしていた。今回のことは想定外だろうが、もともと期初にコスト面を低く見積もる傾向がみられる。

 ところで4月の上場延期ラッシュのなかには、保育園会社としてさくらさくプラスも含まれていた。まだ再承認に至っていないところをみると、新型コロナの対応でそれどころではないのか。ただ、箱物の設備投資型産業でもあるゆえ、あまり長引くと新規開園計画にも影響が出かねない。新型コロナについては売上高に影響なくても、対応の違いで明暗が分かれるなか、同社の状況はいかに。