DZHフィナンシャルリサーチ 総合サイト 中国株専門サイト 外国為替専門サイト
無料セミナー
ご意見ボックス
当ウェブサービスの問題点や提供してほしい情報など、トレー
ダーズ・ウェブへのご意見・ご要望を、お気軽にお寄せください。
年齢をご入力下さい ※半角数字
性別をご選択下さい 男性  女性
ご覧のコンテンツ 「
※ご意見ボックスでは「ご質問」や「問い合わせ」には対応して

おりません。御用のお客様は「お問い合わせ」フォームをご利用ください。

マーケットの話題 [ 印刷 ]
明日の戦略
6/22 16:58
週間下落も22500円台はキープ、来週は楽観と悲観のあいだで模様眺め
 東証1部の騰落銘柄数は値上がり1035/値下がり990と、日経平均が3桁の下落となる中、値上がりが値下がりを上回った。証券会社の投資判断引き上げが好感されたLINEが10%超の大幅上昇。スマート打刻サービスの開発を発表したアプリックスや、パナソニックとの資本業務提携を発表した佐鳥電機が急伸した。やや手がかり難の中、ライドオンEXやCSPなど、直近で大きな動きのあった銘柄を改めて物色する動きも見られた。一方、三菱UFJ、三井住友、みずほのメガバンク3行が連日で安値を更新。独ダイムラーが大幅安となったことへの警戒から、トヨタやSUBARUが大きく売られた。下方修正を発表したキャリアや、上期上振れも市場の期待に届かなかったオプトエレクトロニクスは急落した。IPO銘柄は、上場2日目で高い初値をつけたZUUはストップ高で終えた一方、きょう新規上場のライトアップは初値をつけた後は失速した。

 日経平均は週間では下落となったが、22500円は上回り、13週線(22329円)や26週線(22348円)など、週足の節目も上回った。13週線と26週線が接近していることや、今週は底割れとはならなかった一方で、戻りも鈍かったことなどから、しばらくはレンジ相場が続くと予想する。5月21日の高値が23050円、5月30日の安値が21931円で、きょうの終値は22516円とほぼ中間点。22000円台前半では買い、後半では売りといった戦略が有効か。物色も、順張りよりは逆張りに妙味があると考える。

【来週の見通し】 もみ合いか。米中貿易戦争激化への警戒から世界的に株式市場が不安定な動きを見せており、警戒感がくすぶり続けると予想する。一方で、今週は下値では買いも入っており、悲観一辺倒にもなりづらい。ダウ平均は21日まで8日続落で、そろそろ反発も期待できる局面。スケジュール的には月末で日米ともに経済指標の発表が多いが、発表が多いぶん、株価の反応も内容次第となりやすく、方向感に欠ける地合いが続きそう。材料や要人発言には短期的には神経質な反応を示すと考える。ただ、上でも下でも大きな動きが出た場合には、それが早々に修正され、楽観、悲観、どちらにも傾くことなく、模様眺めの様相が強まると予想する。

【今週を振り返る】 軟調な展開となった。貿易摩擦激化への警戒が強まった一週間。米中双方から関税引き上げへの対抗措置の準備があると伝わった19日の日経平均は400円を超える大幅安となり、アジアや欧州にも売りが波及した。その後、為替が円安に振れたことから、押し目では買いも入ったが、米国ではダウ平均の下げが続き、国内でもメガバンクが連日で年初来安値を更新するなど、局所に弱い動きが見られる中、上値も抑えられた。注目IPOのメルカリは高い初値をつけたものの、ここに資金が集中したことで新興市場全体では軟調で、マザーズ指数はザラバの年初来安値を更新した。日経平均は週間では約334円の下落となり、週足では3週ぶりに陰線を形成した。




後場概況
6/22 15:22
日経平均は3日ぶり反落 自己株取得発表のシークスが後場急伸
 22日の日経平均は3日ぶり反落。欧米株安と円高進行を嫌気して軟調な展開。寄り付きから大幅安となり22500円を下回った。安く寄ったぶん、その後は値を戻したが、週末で様子見姿勢も強い中、戻りは緩慢となった。後場はほとんど動きがなく、22500円近辺でのもみ合いに終始した。ただ、終盤にかけてはやや強含み、引け間際にきょうの高値をつけた。東証1部の売買代金は概算で2兆6600億円。業種別では、水産・農林、倉庫・運輸、鉄鋼などが上昇している一方、輸送用機器、パルプ・紙、保険などが下落している。自己株取得を発表したシークスが、後場プラス転換から上げ幅を広げた。反面、商標を無断で使用したとして、警察が社長を書類送検したと報じられたミクシィが後場大幅安となった。

前場概況
6/22 11:46
日経平均は3日ぶり反落 ZUUが初値形成後に一時ストップ高
 22日午前の日経平均は3日ぶり反落。欧米株安と円高を嫌気して売りが優勢。ただ、寄り付きから200円超の下落となったものの、早い時間に安値をつけて下げ渋った。その後はしばらく小動きが続いたが、ドル円が落ち着いていることを好感してじわじわと値を戻し、22500円台に乗せて前場を終えている。東証1部の売買代金は概算で1兆0700億円。業種別では水産・農林1業種のみが上昇しており、ほか、サービスや化学が小幅な下げにとどまっている。一方、輸送用機器や海運、パルプ・紙などが軟調。上場2日目で高い初値をつけたZUUが、その後に一時ストップ高となるなど買いを集めている。反面、下方修正を発表したキャリアが急落している。

今日の株式見通し
6/22 8:07
米国株安・円高を嫌気して軟調か
 東京市場は軟調か。欧米株はそろって下落。米国では貿易戦争への警戒がくすぶる中、OPEC総会を前にエネルギー株が売られ、ダウ平均は8日続落。アマゾンなどネット関連企業も売られており、このところ強かったナスダック総合も下落と弱い動きとなった。為替市場では、弱い米指標を材料にドルが売られており、ドル円は足元で109円90銭近辺と、110円を割り込んでいる。CME225先物は円建てが大証日中終値と比べて210円安の22390円、ドル建てが175円安の22425円で取引を終えた。

 米国株安と円高進行を受けて売り優勢の展開が想定される。直近の指数の上昇に関しては円安の寄与が大きかっただけに、円高はかなりネガティブ。CME225先物は大幅安を示唆しており、初動から22500円を割り込みそうだが、OPEC総会を控えた週末では押し目買いも期待しづらい。今週は荒い動きが続いていることから、パニック的な動きにはならず、安寄り後の下値は限定的と考える。ただし買い材料に乏しい中、安く寄った後は様子見姿勢の強い地合いが続くと予想する。日経平均の予想レンジは22350円−22500円。