DZHフィナンシャルリサーチ 総合サイト 中国株専門サイト 外国為替専門サイト
ユーロドル筆頭に、ドル売りが優勢 (7/20 23:36)
株式検索
ご意見ボックス
当ウェブサービスの問題点や提供してほしい情報など、トレー
ダーズ・ウェブへのご意見・ご要望を、お気軽にお寄せください。
年齢をご入力下さい ※半角数字
性別をご選択下さい 男性  女性
ご覧のコンテンツ 「
※ご意見ボックスでは「ご質問」や「問い合わせ」には対応して

おりません。御用のお客様は「お問い合わせ」フォームをご利用ください。

 【トレーダーズ・プレミアム】ログインフォーム
アカウント
パスワード
『トレーダーズ・プレミアム』について ※会員サービスQ&A

 トレーダーズ・プレミアムのホームページ上に掲載されている情報は、投資判断の参考として投資一般に関する情報提供を目的としたものであり、投資に関する最終的な決定は、利用者ご自身の判断でなさるようにお願いいたします。
 トレーダーズ・プレミアムのホームページ上の情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。
当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、株式会社DZH フィナンシャルリサーチ及び情報提供者は一切の 責任を負いかねます。
 トレーダーズ・プレミアムのホームページに記載されている内容の著作権は、株式会社DZH フィナンシャルリサーチ及び 情報提供者に帰属します。当該掲載情報の転用、複製、販売等の一切を固く禁じております。

 
株価が20分ディレイ更新になりました(6/19)
弊社日本株情報サイトの株価更新がこれまでの一日2回(引け後)から “20分ディレイ更新” になり、銘柄ページやランキングコンテンツが場中でもご活用いただけるようになりました。
≫ 個別銘柄ページ「ソフトバンク」

会員サービス 『 トレーダーズ・プレミアム 』 のご案内
毎朝寄り付き前にお届けする 『推奨銘柄』 はもろん、インターネット情報では珍しい、株式アナリストのアドバイスが1対1で受けられるサービス 『投資相談室』 も提供しています!
≫ 詳細はこちら

【無料メルマガ】 『 日刊 トレーダーズ 』 のご案内
当サイト人気情報の 『明日の戦略』 や、市場が注目した銘柄に関するニュースを毎夕メールでお届けしています!
≫ 詳細はこちら
マーケットの話題 [ 印刷 ]
明日の戦略
7/20 16:33
日銀会合通過でドル円は112円台回復、決算期待が高まるか
 東証1部の騰落銘柄数は値上がり1491/値下がり399と買いが優勢。証券会社がレーティングを引き上げたTDKが大幅上昇。ルネサスやSUMCOなどが強い動きを見せた。アンジェスやレナウンは全市場の売買代金トップ10入りする大商いで騰勢を強めた。フマキラーや太平電業、フージャースなど、野村証券が新規でカバレッジを開始した中小型株が軒並み値を飛ばすといった動きも見られた。一方、enishやgumi、KLabなどソーシャルゲーム関連が軟調。1Q営業赤字拡大の安川情報が大きく売られた。IPOは初値をつけた銘柄が3社あったが、2日目で寄りついたユニフォームネクストは寄ってからは売りに押される展開。一方、きょう新規上場のJSBとクロスフォーは初値を上回って終えた。

 日銀金融政策決定会合では、金融政策は現状維持となったが、2%の物価目標達成時期に関しては先送りしており、まだ金融緩和を縮小するような段階にはないことを市場に印象づけた。これはこれで長期的には問題もあるが、低金利環境の長期化は当面のマーケットには安心材料になることから、結果を受けた株式市場は買いで反応した。ドル円も112円台に乗せており、ひと安心といったところ。ECB理事会およびドラギ総裁の会見が円安を加速させるのか、それともブレーキをかけるのかが注目される。足元で112円40銭近辺に位置する25日線を上にブレークできるようだと、テクニカル的には改めて円安基調が強まる展開が期待できる。

 きょうの上昇で日経平均は5日線と25日線を上回った。今週は2万円を割り込む場面もあったが、きょうの終値(20144円)は先週末の終値20118円(7/14)を上回っている。また、一目均衡表の雲上限や13週線を下回ることなく切り返しており、動きとしては悪くない。来週からは企業決算が本格化することから、しばらくは堅調相場が続くと期待できる。あすも海外市場が極端に悪化しない限りは、決算期待を支えに良好な地合いになると考える。




後場概況
7/20 15:49
日経平均は続伸 日立や三菱ケミカルHDが年初来高値を更新
 20日の日経平均は続伸。3日ぶりに終値で20100円台を回復した。序盤は欧米株高を背景に買いが先行したが、ドル円が111円台後半まで円高が進行したことが重荷となった。好業績株や材料株中心に物色範囲が広がり、徐々に上げ幅を拡大。日銀による金融緩和継続を好感し上値を伸ばした。日立や三菱ケミカルHDが年初来高値を更新した半面、ファストリが年初来安値を更新し、日本電気硝子や任天堂が利益確定売りで下げた。

前場概況
7/20 11:59
日経平均は続伸 大東建託が年初来高値を更新
 20日前場の日経平均は続伸し、一時、3日ぶりに20100円台を回復。ドル円相場が落ち着いた動きで推移したことで、買い安心感から好材料株を中心に物色する動きが見られた。好業績の観測が報じられた大東建託が年初来高値を更新したほか、TDKや村田製作所が大幅反発。半面、任天堂やディーエヌエーなどゲーム関連が軟調に推移し、ファストリが連日の年初来安値を更新した。業種別では、水産・農林、鉱業が上昇し、海運、その他製品が安い。

今日の株式見通し
7/20 8:19
円高は重しもグローバル株高を好感して堅調か
 東京市場は堅調か。欧米株はそろって上昇。米国株は主要3指数がそろって史上最高値を更新しており、世界的にリスク・オンムードが強まっている。ドル円は足元111円80銭近辺での推移。CME225先物は大証日中終値と比べて5円高の20015円、ドル建てが25円高の20035円で取引を終えた。

 ドル円の112円台割れは日本株にとっては上値を抑える要因にはなる。また、日銀金融政策決定会合の結果発表があることから、特に前場は動きづらい地合いが想定される。ただ、米国株の上昇は強い下支えになる。きのうの日経平均がもみ合いながらも2万円より上で終えたこともあり、円高を警戒する動きは限定的と考える。日銀会合では現状維持が濃厚だが、何らかの変更があれば乱高下はあり得る。ただその場合でも、このタイミングでの政策変更は唐突でもあることから、黒田総裁会見を見極めたいとの見方が強まり、引けにかけては落ち着きを取り戻すと考える。日銀会合ノーサプライズで小じっかりがメーンシナリオだが、サプライズがあった場合、好感する動きはあっても大きく崩れる展開にはならないと予想することから、日経平均の予想レンジは19000円−20250円と上へのレンジを広く見ておきたい。

ニュースランキング
1 NYオープン-強含み オバマケア代替法案採決期待で
2 ユーロ買い一服、ユーロドルは1.15ドル半ば
3 ドラギECB総裁会見前、ユーロドルは1.1485ドル前後
4 ドル円112円前半で小動き、ユーロはしっかり
5 日本曹達ー反発 新規殺菌剤「ピカルブトラゾクス剤」が農薬登録を取得
岩井コスモ証券
マーケットデータ
現値
日経平均 20,144.59 +123.73
TOPIX 1,633.01 +11.14
東証2部指数 6,211.82 +0.33
JASDAQ 3,311.73 +11.92
マザーズ 1,179.80 +2.82
7月20日 15:30 更新
終値
ドル/円 112.17 +0.20
ユーロ/円 129.16 +0.23
10年国債 0.08 0.00
2年国債 -0.11 0.00
7月20日 15:17 更新
出来高
東証1部 1650970 2114468
東証2部 151470 49109
7月20日 15:17 更新
採用募集