DZHフィナンシャルリサーチ 総合サイト 中国株専門サイト 外国為替専門サイト
23日の決算発表予定銘柄と業績予想(香港市場):越秀地産、玖龍紙業など (2/22 20:00)
株式検索
ご意見ボックス
当ウェブサービスの問題点や提供してほしい情報など、トレー
ダーズ・ウェブへのご意見・ご要望を、お気軽にお寄せください。
年齢をご入力下さい ※半角数字
性別をご選択下さい 男性  女性
ご覧のコンテンツ 「
※ご意見ボックスでは「ご質問」や「問い合わせ」には対応して

おりません。御用のお客様は「お問い合わせ」フォームをご利用ください。

 【トレーダーズ・プレミアム】ログインフォーム
アカウント
パスワード
『トレーダーズ・プレミアム』について ※会員サービスQ&A

 トレーダーズ・プレミアムのホームページ上に掲載されている情報は、投資判断の参考として投資一般に関する情報提供を目的としたものであり、投資に関する最終的な決定は、利用者ご自身の判断でなさるようにお願いいたします。
 トレーダーズ・プレミアムのホームページ上の情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。
当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、株式会社DZH フィナンシャルリサーチ及び情報提供者は一切の 責任を負いかねます。
 トレーダーズ・プレミアムのホームページに記載されている内容の著作権は、株式会社DZH フィナンシャルリサーチ及び 情報提供者に帰属します。当該掲載情報の転用、複製、販売等の一切を固く禁じております。

 
実践!IPO戦略セミナーのご案内
『トレーダーズ・ウェブ』のIPOアナリスト田中一実が、今後の公開株の攻略法を分かりやすく説明。ご参加お待ちしております!
≫ 詳しくはこちら

日本株情報サービス「トレーダーズ・プレミアム」サイトリニューアルのお知らせ
よりご活用いただけるサービスにするため会員専用ウェブサイトをリニューアル致しました!
≫ 詳しくはこちらをご覧ください

姉妹サイト『トレーダーズ・ウェブFX』に待望のスマホ版をリリースしました
FX情報がより機動的にご利用いただける『トレーダーズ・ウェブFX』を、これからもよろしくお願いいたします。
≫ トレーダーズ・ウェブFXはこちら

会員サービスのご案内
株式アナリストのアドバイスが1対1で受けられる『投資相談室』サービスを提供しています
徹底活用ガイド

【ご案内】無料メールマガジンのご紹介
『日刊 トレーダーズ・メールマガジン』は登録無料!
詳細はこちらから
マーケットの話題 [ 印刷 ]
明日の戦略
2/22 16:49
米国株高でも日本株は上がらず、気迷いムードが強まるか
 東証1部の騰落銘柄数は値上がり906/値下がり920とほぼ均衡。自己株取得を発表した楽天が大幅上昇。増配と株主優待導入を発表した日水に買いが入った。ほか、シンガポール不動産仲介との業務提携を発表したデュアルタップや新工場の竣工を発表した朝日ラバーなどが大幅高となった。一方、業績下方修正を発表したサムコが大幅安。レオパレス21は家賃収入減額分の支払い訴訟が報じられたことが売り材料となった。悪材料があって下げた銘柄は少なく、ソフィアHDや三愛石油など、前日に材料があって急伸した銘柄が反動で大きく売られた。

 米国株高でも日経平均は上がらず。そういえば先週も似たような動きだった。きのうの為替が大きく円安に振れたことで流れが変わるかと期待したが、そうならなかったことで、気迷いムードが強まりそうだ。何より場中の閑散ムードが著しい。来週28日のトランプ大統領の議会演説は確かに注目イベントではあるが、これまでの大統領就任式や日米首脳会談と比べると、格段に警戒材料は少ない。それなのに主力株の大半は、上がる下がるというより動きがなく、投資家は東芝ばかりをせっせと売買している。地合いは決して悪くないが、相場の質は悪い。

 あすはFOMC議事録公表を受けて、特に為替に大きな動意が出てくるかが注目される。3月の利上げまで意識されるようなタカ派的な内容が出てきた場合には、円安が進む展開も想定される。ただ、きょうの日本株が米国株高に連動できなかったことで、どのような結果となったとしても動きづらい地合いになると考える。円安が進めば米国株の売り材料になり、逆に米国株にポジティブな内容となった場合には、円安が期待できない。結果方向感が定まらず、派手な動きをする銘柄が引き続き賑わう地合いが続くと予想する。一方で、米国の景気回復の恩恵で市況回復が期待できる海運や鉄鋼が地味に強く、じっくり攻めるならこれら市況関連セクターが有望と考える。




後場概況
2/22 15:43
日経平均は小幅反落 東芝が20%超の上昇
 22日の日経平均は小幅反落。米株高など外部環境の改善を手掛かりに買いが先行したものの、一段の買い材料に乏しく見送り姿勢が強まった。東証1部の売買代金は概算で2兆1千億円とわずかながら2兆円乗せ。東レやクラレなど繊維株が堅調に推移したほか、新日鉄住金などの景気敏感株や日東電工など輸出主力株は総じてしっかり。また、東芝が見直し買いから後場一段高となり20%を超える上昇となった。半面、ファストリやファナックが軟調に推移し、指数を押し下げた。

前場概況
2/22 12:17
日経平均は反落 東芝が3営業日ぶりに200円台を回復
 22日前場の日経平均は反落。ドル円相場が113.30円台まで円高含みとなったことで利益確定売りを誘ったが、押し目買いにより下げ幅は小幅にとどまった。キーエンスやファストリなど値がさ株がさえない動きとなったほか、前日に大幅上昇した日本紙や王子紙など紙パルプ株が反落した。半面、連結子会社をキヤノンに譲渡すると発表した東芝が、日中取引として3営業日ぶりに200円台を回復したほか、楽天やモリ工業が値上がり率上位となった。

今日の株式見通し
2/22 8:15
休場明けの米国株は全面高、堅調な展開か
 東京市場は堅調か。欧米株はそろって上昇。欧州では仏独の良好な経済指標が買い材料となり、米国ではウォルマートやホーム・デポなど小売株の強い上昇が全体をけん引した。ドル円は113円60銭台近辺で推移している。CME225先物は円建てが大証日中終値と比べて65円高の19445円、ドル建ては80円高の19460円で取引を終えた。ドル円の動きがやや鈍い感はあるが、休場明けの米国株がほぼ全面高と上げ方も良く、米国株高を素直に好感する展開を予想する。あまり材料がなく、取引時間中は為替しだいとなりそうだが、きのうハーカー・フィラデルフィア連銀総裁が3月利上げの可能性を示唆し、今晩にはFOMC議事録の公表が控えていることから、円高には振れづらいと考える。むしろ米国株高を受けたリスクオンムードが円安基調を支える可能性が高く、終日しっかりの動きが続くと予想する。日経平均の予想レンジは19400円−19550円。

ニュースランキング
1 後場コメント No.4 新日鉄住金、キヤノンMJ、古河電気工業、KDDI、長谷工など
2 22日午後の記事一覧:新世界発展、16年12月中間決算は31%増益(速報)など
3 後場コメント No.3 三井化学、ヤマハ発動機、ドンキホーテ、ベクトル、KDDIなど
4 後場コメント No.2 ホンダ、スズキ、大日本印刷、富士重工業、テルモなど
5 ユーロ圏消費者物価は予想通り、ユーロドル1.0508ドル前後
採用募集
マーケットデータ
終値
日経平均 19,379.87 -1.57
日経平均先物 19,390 +10
TOPIX 1,557.09 +1.49
TOPIX先物 1,558.50 +3.00
東証2部指数 5,658.48 -0.77
JASDAQ 2,966.29 +7.21
マザーズ 1,033.79 +0.93
ドル/円 113.55 -0.13
ユーロ/円 119.67 -0.11
10年国債 0.09 -0.01
2年国債 -0.26 -0.03
2月22日 15:17 更新
出来高
東証1部 2174800 2106881
東証2部 141690 31889
2月22日 15:17 更新