DZHフィナンシャルリサーチ 総合サイト 中国株専門サイト 外国為替専門サイト
海外先物市況−CME225(円建て)はCLOSE 18900円 -3… (3/24 7:02)
株式検索
ご意見ボックス
当ウェブサービスの問題点や提供してほしい情報など、トレー
ダーズ・ウェブへのご意見・ご要望を、お気軽にお寄せください。
年齢をご入力下さい ※半角数字
性別をご選択下さい 男性  女性
ご覧のコンテンツ 「
※ご意見ボックスでは「ご質問」や「問い合わせ」には対応して

おりません。御用のお客様は「お問い合わせ」フォームをご利用ください。

 【トレーダーズ・プレミアム】ログインフォーム
アカウント
パスワード
『トレーダーズ・プレミアム』について ※会員サービスQ&A

 トレーダーズ・プレミアムのホームページ上に掲載されている情報は、投資判断の参考として投資一般に関する情報提供を目的としたものであり、投資に関する最終的な決定は、利用者ご自身の判断でなさるようにお願いいたします。
 トレーダーズ・プレミアムのホームページ上の情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。
当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、株式会社DZH フィナンシャルリサーチ及び情報提供者は一切の 責任を負いかねます。
 トレーダーズ・プレミアムのホームページに記載されている内容の著作権は、株式会社DZH フィナンシャルリサーチ及び 情報提供者に帰属します。当該掲載情報の転用、複製、販売等の一切を固く禁じております。

 
日本株情報サービス「トレーダーズ・プレミアム」サイトリニューアルのお知らせ
よりご活用いただけるサービスにするため会員専用ウェブサイトをリニューアル致しました!
≫ 詳しくはこちらをご覧ください

姉妹サイト『トレーダーズ・ウェブFX』に待望のスマホ版をリリースしました
FX情報がより機動的にご利用いただける『トレーダーズ・ウェブFX』を、これからもよろしくお願いいたします。
≫ トレーダーズ・ウェブFXはこちら

会員サービスのご案内
株式アナリストのアドバイスが1対1で受けられる『投資相談室』サービスを提供しています
徹底活用ガイド

【ご案内】無料メールマガジンのご紹介
『日刊 トレーダーズ・メールマガジン』は登録無料!
詳細はこちらから
マーケットの話題 [ 印刷 ]
明日の戦略
3/23 16:39
イエレン議長講演にムード改善期待も円高には警戒
 23日の日経平均は4日ぶりに反発。米株はまちまちの展開のなか、ドル円相場が1ドル111.40円を挟んだ動きで円高方向に動かなかったことが買い戻しを誘った。売られ過ぎによるリバウンド狙いの買いや、個別材料株を中心に物色する動きが散見された。三井不などの不動産株が上昇したほか、食品株や薬品株など内需関連株が堅調に推移。半面、良品計画やニトリHDなど値がさ小売り株が軟調となり、地方銀行株の値下がりが目立った。

 東証1部の騰落銘柄数は値上がり824/値下がり1037と日経平均は上昇したものの売りが優勢。半導体新会社の2018年度上場を検討していると報じられた東芝が大幅上昇。証券会社のレポートを手がかりにSUMCOが大きく買われた。きのう初値をつけた力の源HDやフルテック、IIFがストップ高まで買われるなど、直近上場株の一角が値を飛ばした。一方、任天堂が上昇一服の展開。連れ安かDENAは大きめの下げとなった。カカクコムが証券会社の目標株価引き下げを受けて弱い動きとなり、新株予約権の発行が嫌気されたフェローテックが急落した。

 日経平均は小幅高。下げが止まったというべきか、戻りが鈍いというべきか微妙ではあるが、昨晩の欧米市場も比較的落ち着いており、21日の米国市場の急落が尾を引かなかったことは好感できる。今晩はイエレンFRB議長の講演がマーケットに与える影響が注目される。直近の米国株の大幅安はトランプ大統領の政策面での停滞を警戒した売りという格好ではあるが、3月FOMCが米長期金利の低下を招き、金融株安を誘因したという側面もある。イエレン氏は市場との対話にも長けており、またマーケットの方も、同氏の発言をポジティブに解釈する傾向も強いことから、足元のややきな臭い雰囲気を払しょくしてくれる展開に期待したいところ。ただ現状では、米国株の上昇はドル安(円高)を招く可能性があり、ドル円もテクニカル的には今年の安値を割り込んだことから、大きく円安にトレンドが変わることは期待しづらい。きょうは後場にかけて不動産や電力など、金利低下メリットセクターに資金が入った。戻り局面では内需寄りのセクターの相対優位性が強まると予想する。




後場概況
3/23 16:39
日経平均は4日ぶりに小幅反発 三井不など不動産株が上昇
23日の日経平均は4日ぶりに反発。米株はまちまちの展開のなか、ドル円相場が1ドル111.40円を挟んだ動きで円高方向に動かなかったことが買い戻しを誘った。売られ過ぎによるリバウンド狙いの買いや、個別材料株を中心に物色する動きが散見された。三井不などの不動産株が上昇したほか、食品株や薬品株など内需関連株が堅調に推移。半面、良品計画やニトリHDなど値がさ小売り株が軟調となり、地方銀行株の値下がりが目立った。

前場概況
3/23 12:05
日経平均は小幅高 澤藤電が連日のストップ高
 23日の日経平均は小幅高。一時19000円を下回る場面が見られたが、ドル円相場がやや円安に振れたことや積極的な売りが見られないことなどから見直し買いが継続した。アサヒGHDなどの食品株や鉄鋼株、小売り株など内需関連株が堅調に推移。澤藤電が連日のストップ高となったほか、東芝が5日ぶりに200円台を回復した。半面、三菱UFJなどメガバンクがさえず、任天堂が利益確定売りに押され6日ぶりに反落した。

今日の株式見通し
3/23 8:13
円高の流れは止まらず、リスク警戒で上値の重い展開か
 東京市場は上値の重い展開か。欧州株は軟調で米国株はまちまち。引き続き金融株の下げが相場の重荷となった。為替市場では円高基調が継続し、ドル円は110円台をつける場面もあった。足元では111円20銭近辺で推移している。CME225先物は円建てが大証日中終値と比べて5円高の18915円、ドル建ては60円高の18970円で取引を終えた。ドル円は朝方にはやや切り返しているが、円高進行への警戒から積極的な買いが入りづらいと考える。ロンドンでは国会議事堂周辺で襲撃事件が発生し、国内ではきょう「森友学園」問題に絡み籠池泰典氏の衆参予算委員会での証人喚問が予定されている。きのうが大幅安であっただけに、さらに大きく売り込む動きにはならないとみるが、何かとリスクが意識されやすく、やや弱めで様子見姿勢が強まると予想する。日経平均の予想レンジは18850円−19100円。

ニュースランキング
1 湖北福星科技、16年12月本決算は24%増益(速報)
2 中興通訊、A株の16年12月本決算は赤字転落(速報)
3 ネクストジェンなど−5G関連の一角に物色 トヨタとNTTが超高速無線通信で提携と報道
4 恐怖指数VIXは13.10、前日比上昇
5 米ヘルスケア改革の投票延期、失望でドル円一時110.70円台
採用募集
マーケットデータ
終値
日経平均 19,085.31 +43.93
日経平均先物 18,930 +20
TOPIX 1,530.41 +0.21
TOPIX先物 1,515.00 -0.50
東証2部指数 5,845.37 -14.03
JASDAQ 3,025.86 +2.01
マザーズ 1,044.13 +10.71
ドル/円 111.34 +0.18
ユーロ/円 120.14 +0.11
10年国債 0.06 -0.01
2年国債 -0.27 -0.01
3月23日 15:17 更新
出来高
東証1部 1759630 2190545
東証2部 94500 38449
3月23日 15:17 更新