DZHフィナンシャルリサーチ 総合サイト 中国株専門サイト 外国為替専門サイト
株式検索
ご意見ボックス
当ウェブサービスの問題点や提供してほしい情報など、トレー
ダーズ・ウェブへのご意見・ご要望を、お気軽にお寄せください。
年齢をご入力下さい ※半角数字
性別をご選択下さい 男性  女性
ご覧のコンテンツ 「
※ご意見ボックスでは「ご質問」や「問い合わせ」には対応して

おりません。御用のお客様は「お問い合わせ」フォームをご利用ください。

 【トレーダーズ・プレミアム】ログインフォーム
アカウント
パスワード
『トレーダーズ・プレミアム』について ※会員サービスQ&A

 トレーダーズ・プレミアムのホームページ上に掲載されている情報は、投資判断の参考として投資一般に関する情報提供を目的としたものであり、投資に関する最終的な決定は、利用者ご自身の判断でなさるようにお願いいたします。
 トレーダーズ・プレミアムのホームページ上の情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。
当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、株式会社DZH フィナンシャルリサーチ及び情報提供者は一切の 責任を負いかねます。
 トレーダーズ・プレミアムのホームページに記載されている内容の著作権は、株式会社DZH フィナンシャルリサーチ及び 情報提供者に帰属します。当該掲載情報の転用、複製、販売等の一切を固く禁じております。
ニュース ヘッドライン一覧 関連ニュース 最新のニュース
2017/03/21 11:30:03 [ 印刷 ]

前場コメント No.12 アイモバイル、キーエンス、タクミナ、プリマハム、OKIなど

★10:44  オムロン−野村が目標株価引き上げ 収益が増える制御機器事業に注目
 オムロン<6645.T>が3日続伸。野村証券では、収益が増える制御機器事業、損失が消える本社直轄事業に注目。レーティング「Buy」を継続、目標株価は4900円→6000円と引き上げた。
 収益力が高まっている制御機器事業(IAB)が注目点で、今17.3期本決算時にはIABを含めた「新中計」が発表される予定。近年のIABは4つの業界(デジタル・食品・自動車・社会インフラ)と1万口座(G10000、全IABでは推定20万口座)に的を絞りながら他社製品との連携を含めた“芋づる式”のトータル・ソリューション販売に注力中で、今後も中華圏を筆頭に構造成長するFA(工場自動化)需要を取り込む見通し。課題の本社直轄事業は今17.3期3Qに黒字を確保し、来18.3期通期では収支均衡が見込まれるとした。

★10:45  アイモバイル−続伸 太陽光システム開発のLooopと資本業務提携
 アイモバイル<6535.T>が続伸。同社は17日、Looop(文京区)が実施する第三者割当増資を引き受けるほか、その既存株主が保有する株式の一部を取得すると発表した。
 Looopは「自然エネルギーをあなたのそばに」を経営理念とし、再生可能エネルギーの最大普及に貢献するため、主に太陽光発電システムの開発・販売・設置・管理などを手掛けている。この度、アイモバイルのインターネット広告事業での知見・経験をもとに、Looopの電力小売事業の拡大を融合した新たな価値提供を共同で検討し、新ビジネスの創出に取り組むことを目的として資本業務提携契約を締結する。
 アイモバイルは、Looopの既存株主からの株式譲渡とLooopの第三者割当増資を引き受け、Looopの発行済株式総数の4.14%を約5億円で取得する。

★10:52  キーエンス−野村が目標株価引き上げ 5期連続の営業最高益へ
 キーエンス<6861.T>が反発。野村証券では、5期連続の営業最高益を想定。レーティング「Buy」を継続、目標株価は44000円→53000円と引き上げた。
 直販体制に基づく「迅速な商品開発」「的確な営業提案」「行届いたサポート」への高評価は不変。同社の経営理念“最小の資本と人で最大の付加価値をあげる”でもある「付加価値の創造」を地で行く企業で、来18.3期は“5期連続”の営業最高益が予想される。これは10年前(08.3期)に比べて従業員数が2.1倍、売上高が2.4倍、営業利益が2.5倍、最終利益が2.8倍の見込みで、規模拡大と生産性向上が両立されているFA・ロボットのコア銘柄であるとした。

★10:59  タクミナ−大幅に6日ぶり反発  上場20周年記念配当を実施
 タクミナ<6322.T>が大幅に6日ぶり反発。同社は17日に、上場20周年記念配当5円を実施することにより、17.3期の期末配当予想を20円→25円(前期は25円)に修正すると発表した。年間配当は30円→35円(前期は35円)となる。

★11:01  プリマハム−東海東京が新規「OP」 加工食品事業本部の成長に期待
 プリマハム<2281.T>が反発。東海東京調査センターでは、加工食品事業本部の成長に期待。レーティング「Outperform」、目標株価830円として、新規カバレッジを開始した。
 16年5月に新3カ年中期経営計画を発表。この中で「成長市場に向けた事業創造とグローバル展開」において、(1)伊藤忠商事とのコラボレーションを主体とした国内外事業展開、(2)革新的生産技術開発、(3)グループ会社との連結経営強化を掲げている。今17.3期3Q累計(4〜12月)決算においては、加工食品事業本部の営業利益が123億円、前年比41.3%増、今17.3期通期会社計画に対する進ちょく率も89.8%と高く、好印象であるとした。

★11:01  OKI−反発 車載向け電子部品の検査受託を強化
 沖電気工業<6703.T>が反発。20日付の日経新聞朝刊で、同社が車載向け電子部品の検査を受託する事業を強化すると報じられた。
 電波をあてて影響を調べる設備を2倍にするほか、装置を操る技術員も増やすという。自動運転や通信機能を搭載した「つながる車」が今後広がり、検査需要が一段と伸びると判断したとされる。子会社のOKIエンジニアリング(練馬区)が3億円を投資するもよう。今後の業績の伸びが期待され、買いが入っている。

ヘッドライン一覧 ジャンルを絞り込む
▼ 2017/9/26
20:56 小幅ながらドル買い継続、ドル円は111.97円まで上昇
20:39 ドル円、112円大台や5日移動平均線に接近
20:09 ドル円、111円後半で伸び悩み
19:43 LDN序盤まとめ=ドル円111円後半、ユーロとNZドルが軟調
19:36 ドル高受けて、ドル円は111.86円まで小幅高
17:43 9月26日の港股通は買い越し
17:39 52週安値を更新した銘柄一覧(9月26日)
17:38 欧州株市況−小安い 北朝鮮の地政学リスク高まり受け警戒感強い
17:38 52週高値を更新した銘柄一覧(9月26日)
17:35 円債サマリー(26日)=先物は続落、格下げ懸念で午後から売り
17:33 26日の出来高ランキング (本土市場)
17:33 26日の出来高ランキング (香港市場)
17:32 26日の値下がりランキング (本土市場)
17:32 26日の値下がりランキング (香港市場)
17:31 26日の値上がりランキング (本土市場)
17:30 26日の値上がりランキング (香港市場)
17:22 アジア株市況−まちまち 上海総合は方向感に欠ける
16:22 中国人民保険を買い推奨に上方修正=UBS
16:15 日経平均サポート&レジスタンス−TOPIXは5日線がサポート
15:40 ドル円111円半ばでもみ合い、NYタイムではFRB議長の講演
15:38 本土ガスセクターの目標株価を6−12%引き上げ=シティ
15:26 中国生物製薬の目標株価引き上げ=シティ
15:10 先物・OP市況−業種別ランキング(東証1部) 大引けは鉱業が最上位
15:05 空売り比率ランキング上位20銘柄(9月26日)
15:00 後場コメント No.4 メガチップス、東武住販、文化シヤッター、ゲンキー、まんだらけ…
15:00 後場コメント No.3 オークマ、アルプス電気、日本電波工業、ダイキン、川崎重工業な…
15:00 後場コメント No.2 TOTO、リンナイ、ニチコン、TAC、JCRファーマなど
15:00 後場コメント No.1 ユニバーサル、鎌倉新書、サンバイオ、大和ハウス、ライトオンな…
14:56 午後まとめ=ドル円は111円半ば、昨日の安値を抜け切れず
14:37 パルG−続伸 サイバーエージェント系「Makuake」と業務提携 連携を強化
1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  次へ 


マーケットの話題
東京市場 日本株トップページ
反落も大きくは崩れず、市場の関心は政策関連にシフト (9/26)
 東証1部の騰落銘柄数は値上がり1189/値下がり732と日経平均は下げたものの買いが優勢。自己株取得を発表したNTTが買われたほか、JR東海やJR西など内需…

【全文表示】

日経平均は反落 日本郵政が大商いで… (9/26)
日経平均は小幅反落 ハマキョウやラ… (9/26)
北朝鮮リスク意識で軟調か (9/26)

ニューヨーク市場 米国株トップページ
NY市場概況−ダウ平均が3日続落 テクノロジー株が安い (9/26)
 25日のNY株式相場は下落。北朝鮮の外相が米大統領発言は宣戦布告だと述べるなど、米朝間の緊張が高まったことでリスク回避が強まるなか、テクノロジー株の下落…

【全文表示】

香港・上海市場 中国株トップページ
香港大引け:4日ぶり小反発、50日移動平均をかろうじて回復 BYDが大幅高 (9/26)
 26日の香港株式市場でハンセン指数は小幅ながら4営業日ぶりに反発。終値は前日比0.05%高の27513.01ポイントだった。H株指数は0.51%高の10968.39ポイント。メ…

【全文表示】

本土大引け:4日ぶり小反発、方向感… (9/26)
香港前引け:小幅に続落、買い戻しも… (9/26)
本土前引け:4日ぶり反発、方向感に… (9/26)
外国為替市場 外国為替トップページ
東京為替サマリー(26日) (9/26)
東京午前=ドル円は一目・雲の上限付近で下げ渋り …

【全文表示】

LDN午前=ドル高、政治懸念でユーロ… (9/26)
東京午後=ドル円は111円半ば、ユー… (9/26)
東京午前=ドル円は一目・雲の上限付… (9/26)
注目コンテンツ
ニュースランキング
1 LDN序盤まとめ=ドル円111円後半、ユーロとNZドルが軟調
2 ドル高受けて、ドル円は111.86円まで小幅高
3 ドル円、111円後半で伸び悩み
4 小幅ながらドル買い継続、ドル円は111.97円まで上昇
5 ドル円、112円大台や5日移動平均線に接近
マーケットデータ
現値
日経平均 20,330.19 -67.39
TOPIX 1,672.74 -0.08
東証2部指数 6,583.28 -8.91
JASDAQ 3,539.64 -3.49
マザーズ 1,052.53 -12.97
9月26日 15:30 更新
終値
ドル/円 111.54 -0.19
ユーロ/円 132.18 -0.21
10年国債 0.03 +0.01
2年国債 -0.14 -0.01
9月26日 15:27 更新
出来高
東証1部 1780310 2534116
東証2部 130390 40276
9月26日 15:27 更新



トレーダーズ・コンパス
トレンドを探る 9/26
移動平均
パラボリック
H&L転換
ポイント&フィギュア
総合判定
買われ過ぎ・売られ過ぎを探る 9/26
RSI 84.46
ストキャスティクス 34.89
騰落レシオ 127.08
乖離率 -0.03%
総合判定 買われ過ぎ
判断基準 ≫
 
会員サービス 『 トレーダーズ・プレミアム 』 のご案内
毎朝寄り付き前にお届けする 『推奨銘柄』 はもろん、インターネット情報では珍しい、株式アナリストのアドバイスが1対1で受けられるサービス 『投資相談室』 も提供しています!
≫ 詳細はこちら

【無料メルマガ】 『 日刊 トレーダーズ 』 のご案内
当サイト人気情報の 『明日の戦略』 や、市場が注目した銘柄に関するニュースを毎夕メールでお届けしています!
≫ 詳細はこちら