IPO銘柄詳細

Heartseed

コード 市場 業種 売買単位 注目度
219A 東証グロース 医薬品 100株 B
スケジュール
スケジュール
仮条件決定 2024/07/11
ブックビルディング期間 2024/07/12 - 07/19
公開価格決定 2024/07/22
申込期間 2024/07/23 - 07/26
払込期日 2024/07/29
上場日 2024/07/30
価格情報
想定価格 1,110円
仮条件 1,110 - 1,160円
公開価格 -
初値予想
初値 -
  • スケジュールは上場企業都合により変更になる場合があります。
基本情報
代表者名 福田 恵一(上場時67歳2カ月)/1957年生
本店所在地 東京都港区芝浦
設立年 2015年
従業員数 39人 (2024/05/31現在)(平均43.7歳、年収805.2万円)
事業内容 重症心不全患者を対象としたiPS(人工多能性幹)細胞由来心筋球移植治療をはじめとする再生医療など製品の研究・開発
URL https://heartseed.jp/
株主数 66人 (目論見書より)
資本金 50,000,000円 (2024/06/26現在)
上場時発行済株数 21,996,900株(別に潜在株式1,004,000株)
公開株数 2,071,900株(公募1,801,700株、オーバーアロットメント270,200株)
調達資金使途 支払手数料、消耗品費、人件費や採用費、地代家賃、その他経営管理に必要な各種費用
連結会社 0社
シンジケート
公開株数1,801,700株(別に270,200株)/海外分含む
種別 証券会社名 株数 比率
主幹事証券 SMBC日興 1,297,300 72.00%
引受証券 SBI 360,300 20.00%
引受証券 野村 108,100 6.00%
引受証券 楽天 9,000 0.50%
引受証券 松井 9,000 0.50%
引受証券 マネックス 9,000 0.50%
引受証券 極東 9,000 0.50%
大株主(潜在株式を含む)
大株主名 摘要 株数 比率
福田恵一 代表取締役社長 3,200,000 15.09%
SBI Ventures Two(株) 投資業(ファンド) 2,236,800 10.55%
AngelBridgeDeal-by-Deal F5号(株) 投資業(ファンド) 1,890,400 8.92%
SBI AI&Blockchain投組 投資業(ファンド) 1,539,200 7.26%
秋山琢己 特別利害関係者など 1,120,000 5.28%
古川俊治 取締役 1,120,000 5.28%
河西佑太郎 取締役 800,000 3.77%
AstellasVentureManagement LLC. 投資業(ファンド) 708,800 3.34%
プライベート・エクイティ・コインベスト2号投組 投資業(ファンド) 485,600 2.29%
伊藤忠ケミカルフロンティア(株) 資本業務提携先 481,600 2.27%
業績動向(単位:百万円)
は予想
決算期 種別 売上高 営業利益 経常利益 純利益
2024/10 単独中間実績 153 -720 -719 -720
2024/10 単独会社予想 153 -1,965 -1,798 -1,798
2023/10 単独実績 344 -1,459 -1,456 -1,473
2022/10 単独実績 499 -1,458 -1,410 -1,412
売上高
営業利益
経常利益
純利益
1株あたりの数値(単位:円)
は予想
決算期 種別 EPS BPS 配当
2024/10 単独会社予想 -109.09 240.96 0.00
参考類似企業
銘柄 時価総額(7/3)
MDNT
113億円
クオリプス
570億円
ケイファーマ
116億円
事業詳細
 慶応義塾大学発の再生医療バイオベンチャー。iPS(人工多能性幹)細胞から心筋細胞を作製し、それを凝集させた微小組織「心筋球」を重症心不全の患者に移植する治療法を開発している。
 デンマークの製薬世界大手、ノボノルディスク社と他家iPS細胞由来の心筋球(細胞株、投与方法、適応症は問わない)について、海外全てを対象とした独占技術提携・ライセンス契約を締結している。契約一時金とマイルストーン収入の最大合計は5億9800万米ドルに上り、上市後は海外の売り上げに応じ、1桁後半~2桁前半%のロイヤルティーを受領する。一方、国内では収益を50:50にてプロフィットシェアする事業提携スキームとなっている。
 社名は心筋球がフウセンカズラ(英名heartseed)という観葉植物の種に似ていることと、心筋球が心臓の種(heart seed)となることで、重症心不全の患者を救う事を願って命名された。

 パイプラインには他家iPS細胞由来で移植方法が開胸手術の「HS-001」と、カテーテルの「HS-005」、自家iPS細胞由来の「HS-040」――の3本があるが、このうち確実に投与できるHS-001を先行して開発している。国内で虚血性心疾患(IHD)を対象に第1/2相臨床試験を実施中であり、2024年7月末にも終了する予定となっている。早期承認制度の活用を想定しており、同治験終了後に承認申請を実施する方針だ。

 次に、負担の少ないHS-005について、国内ではIHDと拡張型心筋症(DCM)を対象に2025年に治験届を提出することを目標としているほか、海外ではノボノルディスク社がIHDの臨床試験に向けて2023年に当局相談を開始済み。さらに、まだステージは基礎研究段階だが、自家iPS細胞を用いた「HS-040」を展開していく予定であり、日本医療研究開発機構(AMED)から補助金を得ている。

 2023年10月期の売上高構成比は、医薬品事業(マイルストーン収入)100%。主な販売先はノボノルディスク100%。
コメント
会員サービス「トレーダーズ・プレミアム」にご入会(有料)いただくと、ご覧いただけます。
仮条件分析
会員サービス「トレーダーズ・プレミアム」でご覧ください。
IPO更新情報
IPOスケジュール
マーケットデータ
日経平均 41,190.68 -1033.34
TOPIX 2,894.56 -34.61
グロース250 677.13 +21.27
NYダウ 40,000.90 +247.15
ナスダック総合 18,398.45 +115.04
ドル/円 159.12 +0.29
ページTOPへ