IPO銘柄詳細

アウトルックコンサルティング

コード 市場 業種 売買単位 注目度
5596 東証グロース 情報・通信業 100株 A
スケジュール
スケジュール
仮条件決定 2023/11/24
ブックビルディング期間 2023/11/27 - 12/01
公開価格決定 2023/12/04
申込期間 2023/12/05 - 12/08
払込期日 2023/12/11
上場日 2023/12/12
価格情報
想定価格 2,000円
仮条件 1,700 - 1,800円
公開価格 1,800円
初値予想 1,800円
初値 1,656円
  • スケジュールは上場企業都合により変更になる場合があります。
基本情報
代表者名 平尾 泰文(上場時57歳4カ月)/1966年生
本店所在地 東京都港区南青山
設立年 2006年
従業員数 69人 (2023/09/30現在)(平均36.1歳、年収745万円)
事業内容 経営管理システム「Sactona」の開発、導入開発、経営管理コンサルティングの提供
URL https://www.outlook.co.jp/
株主数 1人 (目論見書より)
資本金 100,000,000円 (2023/11/08現在)
上場時発行済株数 3,570,000株(別に潜在株式101,016株)
公開株数 2,142,200株(公募50,000株、売り出し1,812,800株、オーバーアロットメント279,400株)
調達資金使途 採用費、海外マーケティング費用
連結会社 0社
シンジケート
公開株数1,862,800株(別に279,400株)/海外分含む
種別 証券会社名 株数 比率
主幹事証券 SMBC日興 1,736,400 93.21%
引受証券 三菱UFJモルガン・スタンレー 27,900 1.50%
引受証券 マネックス 22,300 1.20%
引受証券 SBI 13,000 0.70%
引受証券 丸三 13,000 0.70%
引受証券 楽天 13,000 0.70%
引受証券 岩井コスモ 9,300 0.50%
引受証券 岡三 9,300 0.50%
引受証券 松井 9,300 0.50%
引受証券 水戸 9,300 0.50%
大株主(潜在株式を含む)
大株主名 摘要 株数 比率
AG2号投組 投資業(ファンド) 3,520,000 97.21%
井沢亜紀子 取締役 16,320 0.45%
岩田謙作 取締役CFO 10,666 0.29%
義村晋教 執行役員CTO 9,066 0.25%
山崎茂樹 従業員 7,372 0.20%
和田崇 従業員 4,268 0.12%
野渡寛介 従業員 3,880 0.11%
WUWENJIN 従業員 3,056 0.08%
羽生田隆史 従業員 3,018 0.08%
立川夏子 従業員 2,862 0.08%
業績動向(単位:百万円)
は予想
決算期 種別 売上高 営業利益 経常利益 純利益
2024/03 単独中間実績 792 263 264 172
2024/03 単独会社予想 1,656 490 490 372
2023/03 単独実績 1,440 470 464 319
2022/03 単独実績 984 283 304 199
売上高
営業利益
経常利益
純利益
1株あたりの数値(単位:円)
は予想
決算期 種別 EPS BPS 配当
2024/03 単独会社予想 105.43 258.90 -
参考類似企業
銘柄 今期予想PER(11/10)
アバントG
21.3倍 (連結予想)
ラクス
239.0倍 (連結予想)
オロ
21.2倍 (連結予想)
ビーブレイク
12.2倍 (単独予想)
勤次郎
28.9倍 (連結予想)
オービック
35.9倍 (連結予想)
OBC
39.2倍 (単独予想)
サイボウズ
63.3倍 (連結予想)
ビーエンジ
17.4倍 (連結予想)
ピーシーエー
24.5倍 (連結予想)
SCSK
21.5倍 (連結予想)
ミロク情報
11.3倍 (連結予想)
事業詳細
 経営管理システム「Sactona(サクトナ)」の開発・販売など。サクトナは個別のカスタマイズをせず、顧客ごとに異なる帳票管理や運用はサクトナ上で個別にアプリケーションを開発する。オンプレミス、クラウドの両方に対応している。名称の由来は「さくっとな」。
 もともとは米アウトルックコーポレーションの「OutlookSoft」の販売代理店だった。だが、2007年に独SAP社が米アウトルック社を買収したことを契機に、販売代理業からの脱却を企図。約2年間の研究開発を経て、マイクロソフトのエクセルと親和性のある製品としてサクトナを開発し、09年11月に提供を開始した。その後19年3月、投資会社アスパラントグループの傘下に入った。上場後のアスパラントの持ち分は過半数を切る予定だ。

1.コンサルティングビジネス
 サクトナの利用方法や機能・範囲拡張などに関して提案・サポートし、コンサルティング収入を得ている。

2.ベースビジネス
 サクトナの利用対価としてのライセンス収入(年間利用料)やサーバーへのインストールに掛かる初期費用、外部データセンターを利用して運用・保守した場合のインフラストラクチャー利用料、拡張オプション利用料を得ている。

 2023年3月期の売上高構成比は、コンサルティングビジネス64.8%、ベースビジネス35.2%。主な販売先は井関農機11.2%、カネカ10.8%。
コメント
会員サービス「トレーダーズ・プレミアム」にご入会(有料)いただくと、ご覧いただけます。
仮条件分析
会員サービス「トレーダーズ・プレミアム」でご覧ください。
公開価格分析
会員サービス「トレーダーズ・プレミアム」でご覧ください。
初値予想
会員サービス「トレーダーズ・プレミアム」でご覧ください。
初値分析
会員サービス「トレーダーズ・プレミアム」でご覧ください。
IPO更新情報
マーケットデータ
日経平均 38,054.13 -502.74
TOPIX 2,726.20 -15.42
グロース250 602.27 -1.08
NYダウ 38,441.54 -411.32
ナスダック総合 16,920.58 -99.30
ドル/円 156.94 -0.71
ページTOPへ