後場コメント No.2 じもとHD、サイバセキュリ、日電硝、アディッシュ、フューチャーVC、アートスパーク

2022/06/23(木) 15:00
★13:06  じもとHD-反発 公的資金注入の申請議案可決 株主総会=日経
 じもとホールディングス<7161.T>が反発。日本経済新聞電子版は23日12時56分、同社がきょう開催した株主総会において、金融機能強化法に基づくきらやか銀への公的資金注入の申請に向け、定款を変更する議案が賛成多数で承認されたと報じた。

 記事によれば、具体的な申請時期や申請金額については今後詰めるという。同社広報によると、株主総会には60名程度が参加したようだ。定款変更議案について、株主から大きな反対意見などは出なかったとしている。

★13:14  サイバーセキュリティクラウド-続落 Managed Rules機能をアップデート
 サイバーセキュリティクラウド<4493.T>が続落。同社は23日13時、提供するサービス「Cyber Security Cloud Managed Rules for AWS WAF」の機能をアップデートしたと発表した。

 HTTPヘッダの全ヘッダ項目を検査するシグネチャを追加し、より検知精度の高い対応が可能となったとしている。なお、株価に対する反応は限定的だ。

★13:16  日本電気硝子-底堅い 5Gミリ波無線通信技術に対応する透明アンテナなど開発
 日本電気硝子<5214.T>が底堅い。同社は23日、5Gのミリ波無線通信技術に対応するガラス基板を用いた透明アンテナと、電波レンズを用いた電源不要のリピーターを開発したと発表した。

 今回開発した透明アンテナは、世界最小の比誘電率と誘電正接を有するガラス基板上に、特殊なアンテナパターンが施されている。透明かつ効率の良いアンテナで、ガラス基板は大型化が可能であるため、多面取りが可能になるなどアンテナの生産性向上に寄与するという。

 リピーターは、壁や窓ガラスなどで電波が遮られる状況下でも電源を一切使わずに電波のやり取りをしたり、電波の方向を変えたりすることが可能。ガラス製であるため紫外線による劣化が少なく、屋内外のさまざまな場所で長期間安定して使用できるとしている。

★13:37  アディッシュ-3日続伸 ランサーズと提携 メタバースで学べるコンテンツを提供
 アディッシュ<7093.T>が3日続伸。同社は23日、ランサーズ<4484.T>のコンテンツパートナーとして提携し、ランサーズが提供するハイスキルデジタル人材育成サービス「ランサーズデジタルアカデミー」へ、「カスタマーサクセスマスターコース」の提供を開始すると発表した。

 カスタマーサクセスの概念から分析手法、実務まで、顧客のライフサイクルにあわせてカスタマーサクセス施策を構造的に考えるスキルを身につけることができるとしている。

★13:41  FVC-後場急騰 株主提案可決 金武偉氏が取締役就任 定時株主総会
 フューチャーベンチャーキャピタル<8462.T>が後場急騰。同社は23日13時25分、きょう開催された定時株主総会での決議結果を発表した。

 会社側の提案である第1号案~6号案については反対否決。株主側の提案である第7号議案~第8号議案は承認可決された。第7号議案の承認可決により、監査等委員である取締役を除く取締役に金武偉氏、金子正裕氏が選任され、それぞれ就任したとしている。

★13:50  アートスパーク-反発 「CLIP STUDIO PAINT」サブスク契約数60万突破
 アートスパークホールディングス<3663.T>が反発。同社は23日、グループのセルシスが開発・提供するイラスト・マンガ・Webtoon・アニメーション制作アプリ「CLIP STUDIO PAINT」の、全世界におけるサブスクリプションモデルの契約数が6月に60万契約を超えたと発表した。

 サブスクリプションモデルの契約数の伸びにより、サブスクリプション契約から1年間で得られると想定される売上高であるARR(Annual Recurring Revenue)は、2022年5月末時点で、21億円を超えたとしている。


関連ニュース
日本株の最新ニュース
マーケットデータ
日経平均 25,935.62 -457.42
TOPIX 1,845.04 -25.78
マザーズ 646.29 -15.27
NYダウ 31,097.26 +321.83
ナスダック総合 11,127.85 +99.11
ドル/円 135.51 -0.24
プレミアム銘柄の最新情報
ページTOPへ