オープンハウスグループ-反落 分譲戸建て 在庫効率悪化 回転日数40日増=日経

2023/12/07(木) 12:53
 オープンハウスグループ<3288.T>が反落。7日付の日本経済新聞朝刊は、同社の23.9月期の棚卸し資産回転日数は約190日と需要が活況だった21.9期から約40日延び、過去5年間で最長となったと報じた。  記事によれば、住宅価格上昇や金利高で消費者が購入に慎重になり、販売が振るわないもよう。3月期企業の飯田グループホールディングス<3291.T>とケイアイスター不動産<3465.T>を9月期に換算し、9月期企業の同社とともに棚卸し資産回転日数を算出したところ、23.9期は3社とも長くなったとしている。
関連ニュース
日本株の最新ニュース
マーケットデータ
日経平均 39,910.82 +744.63
TOPIX 2,709.42 +33.69
グロース250 763.60 -8.79
NYダウ 39,087.38 +90.99
ナスダック総合 16,274.94 +183.02
ドル/円 150.65 +0.67
プレミアム銘柄の最新情報
ページTOPへ