吉野家HD-3日ぶり反落 前期営業益を上方修正 コンセンサス下回る

2024/03/01(金) 09:02
 吉野家ホールディングス<9861.T>が3日ぶり反落。同社は2月29日、24.2期通期の連結営業利益予想を従来の68億円から74億円(前期比2.2倍)に、期末配当予想を8円から10円(23.2期末は5円)に上方修正すると発表した。市場コンセンサスは82.3億円。  各事業の客数獲得に向けた販売施策の奏功に加えて価格改定の影響もあり、全社の既存店売上高が計画を上回って推移した。売上高上昇による変動経費の増加を適切に管理したことに加えて、政府による光熱費の負担軽減策の支援を受けたことも寄与する。  なお、見通しがコンセンサスを下回ったこともあり、株価は売りが優勢となっている。
関連ニュース
日本株の最新ニュース
マーケットデータ
日経平均 37,599.30 +160.69
TOPIX 2,674.00 +11.54
グロース250 653.68 +2.43
NYダウ 38,239.98 +253.58
ナスダック総合 15,451.31 +169.30
ドル/円 154.80 -0.04
プレミアム銘柄の最新情報
ページTOPへ