前場コメント No.6 東エレク、ソフトバンクG、トヨタ紡織、住友商、プラスアルファ、INPEX

2024/04/18(木) 11:33
★9:23  東京エレクトロン-大幅安 SOX指数3%超の下落 TSMC決算発表も警戒か
 東京エレクトロン<8035.T>が大幅安。フィラデルフィア半導体株指数(SOX指数)の下落などが嫌気されている。

 前日は東京市場では、ASMLの決算発表を受けて国内半導体株が大きく下落。米国市場でもエヌビディアやアプライド・マテリアルズなどの主力半導体株が軒並み大幅安となり、SOX指数は3%を超える下落率となった。きょうの東京市場では、SOX指数の大幅安を受けて引き続き半導体株が軟調に推移している。

 また、きょうは台湾TSMCの決算発表が午後に予定されており、リスク回避の売りも出ているとみられる。レーザーテック<6920.T>、SCREENホールディングス<7735.T>、ソシオネクスト<6526.T>、KOKUSAI ELECTRIC<6525.T>なども安い。

★9:25  ソフトバンクG-急落 アーム株12%安を嫌気
 ソフトバンクグループ<9984.T>が急落。17日の米国市場で同社が出資するアーム・ホールディングスの株価が前日比12%安の107.56ドルまで下落したことが材料。

 ASMLの決算を受けて、同日の米国市場は半導体関連銘柄に幅広く売りが波及。アーム株の大幅下落を受けて、出資する同社も売られる展開となっている。

★9:36  トヨタ紡織-4日ぶり反発 中国配車アプリ最大手と連携=日経
 トヨタ紡織<3116.T>が4日ぶり反発。18日付の日本経済新聞朝刊は、同社が中国配車アプリ最大手の滴滴出行(ディディ)と自動運転タクシー向け各種システムの共同研究開発を始めることで合意したと報じた。
 
 記事によると、自動運転や様々な情報を車内で表示する「スマートコックピット」について、同社が開発した新技術をディディの車両に搭載して実証試験を実施するという。

★9:37  住友商事-3日ぶり反発 チリバイオ農薬に出資=日経
 住友商事<8053.T>が3日ぶり反発。18日付の日本経済新聞朝刊は、同社が環境負荷の小さいバイオ農薬を製造するチリのバイオインスモスナティヴァに4月中をめどに出資し、持ち分法適用会社にすると報じた。
 
 記事によると、バイオインスモス社はバイオ農薬の製造に強みを持つという。出資額は数十億円と見られ、人口増加による世界的な食料不足や環境対応で拡大するバイオ農薬市場の成長を取り込むとしている。

★9:39  プラスアルファ-4日ぶり反発 「見える化エンジン」に生成AI対話型分析機能を新規搭載
 プラスアルファ・コンサルティング<4071.T>が4日ぶり反発。同社は18日9時、SaaS型テキストマイニングツール「見える化エンジン」に、生成AIを活用した対話型分析機能「AIインサイト」を新規搭載すると発表した。
 
 同機能により企業の商品企画からプロモーション戦略の領域において、生成AIが得意とする対話型の分析アプローチで、消費者ニーズの真因を把握し、それに基づいた商品の企画、改良のアイデア発想、広告の反響分析、市場の変化に迅速に対応する競争力向上を支援するとしている。

★9:44  INPEX-大幅に4日続落 原油先物が3日続落 石油資源開発も安い
 INPEX<1605.T>が大幅に4日続落。原油価格の下落が嫌気されている。

 17日のニューヨーク原油先物相場は3日続落。WTI原油先物は5月限の終値が前日比2.67ドル安の1バレル=82.69ドルとなった。米エネルギー省が発表した週間石油在庫などを手掛かりに売りが優勢となった。

 東京市場においても原油関連株が売られており、同社のほか石油資源開発<1662.T>も安い。


関連ニュース
日本株の最新ニュース
マーケットデータ
日経平均 38,646.11 -457.11
TOPIX 2,742.54 -12.21
グロース250 608.14 -7.34
NYダウ 39,069.59 +4.33
ナスダック総合 16,920.80 +184.76
ドル/円 157.03 +0.07
プレミアム銘柄の最新情報
ページTOPへ