後場コメント No.1 いちよし、日本電解、ジェネパ、日本オラクル、ホトニクス、INFORICH

2024/04/18(木) 15:02
★12:30  いちよし-後場上げ幅拡大 前期純利益は速報値で55%増 委託手数料増加など寄与
 いちよし証券<8624.T>が後場上げ幅拡大。同社は18日12時、24.3期通期の連結純利益は速報値で19.3億円(前の期比54.5%増)だったと発表した。好調なマーケット環境を背景として、主に株券の委託手数料および受益証券のその他の受入手数料が増加したことが寄与した。決算発表は4月30日の予定。

★12:31  日本電解-続伸 保険金を1億4400万円追加受領 米工場での不具合に関し
 日本電解<5759.T>が続伸。同社は18日11時50分、米国子会社のカムデン工場で発生した電気設備不具合に対する保険金を追加で受領すると発表した。

 3月13日公表時点では3億9600万円だったが、追加で1億4400万円を受け取る。この結果、24.3期に5億3400万円を計上する予定。業績への影響は精査中としている。

★12:32  ジェネレーションパス-後場買い気配 内閣府から2024年度「e-CSTI」保守業務を受託
 ジェネレーションパス<3195.T>が後場買い気配。同社は18日12時、2024年度の「e-CSTI」の保守業務を受託したと発表した。
 
 e-CSTIは客観的根拠に基づいた政策立案や法人運営を推進するための、データを分析・共有するエビデンスシステム。

★12:35  日本オラクル-反発 ソブリンクラウドの提供で富士通と協業
 日本オラクル<4716.T>が反発。同社は18日12時、富士通<6702.T>と日本の企業・団体のデータ主権要件に対応するソブリンクラウドの提供に向け、戦略的な協業を行うと発表した。
 
 同協業に基づき、同社は、富士通に包括的なクラウド・インフラストラクチャ・プラットフォームであり、生成AIを含むパブリッククラウドである「Oracle Cloud Infrastructure (OCI)」の100以上のサービスを利用できる「Oracle Alloy」を提供するとしている。

★12:39  浜松ホトニクス-反発 顧客と半導体事業を共創する施設を開設
 浜松ホトニクス<6965.T>が反発。同社は18日12時、静岡県浜松市の常光製作所内に「セミコンダクターアプリケーションラボ」を新たに開設したと発表した。
 
 同施設では、同社の専門エンジニアとともに、国内外の顧客との共同研究やサンプルを活用した実験、購入前の実機検討などに幅広く利用できるという。2024年4月18日よりWeb受付を開始し、半導体事業のソリューションビジネスを強化するとしている。

★12:41  INFORICH-3日ぶり反発 ChargeSPOTアプリで複数シェアリングサービス提供
 INFORICH<9338.T>が3日ぶり反発。同社は18日、モバイルバッテリーシェアリング「ChargeSPOT」の機能をChargeSPOTアプリに搭載したと発表した。これにより、ChargeSPOTのユーザーは電動機付き自転車や傘など複数のシェアリングサービスを1つのアプリで利用することができ、利便性が大きく向上するとしている。


関連ニュース
日本株の最新ニュース
マーケットデータ
日経平均 38,646.11 -457.11
TOPIX 2,742.54 -12.21
グロース250 608.14 -7.34
NYダウ 39,069.59 +4.33
ナスダック総合 16,920.80 +184.76
ドル/円 157.03 +0.07
プレミアム銘柄の最新情報
ページTOPへ