アジア株市況-上海総合指数は4日続落 中国経済の先行き不安が重荷

2023/12/07(木) 17:41
 アジア株は下落。上海総合指数は小幅に4日続落した。米格付け会社による信用格付け見通しの引き下げを受け、中国経済の先行き不安が重荷となった。ただ、相場は約6週間ぶりの安値圏で推移しているとあって、値ごろ感の強まった銘柄には買い戻しが入り、指数はもみ合いながら下げ幅を縮小。終盤にはプラス圏に浮上する場面もあったが、結局、小幅安でこの日の取引を終えた。  香港ハンセン指数は反落。安く始まるとすぐに下げ幅を広げたものの、徐々に買い戻されて寄り付きをやや下回る水準で終えた。台湾、韓国も下げたほか、タイ、シンガポールなども軟調に推移している。 ハンセン  16345.89 -117.37(-0.71%) レッドチップ  3231.65 -35.32(-1.08%) 上海総合  2966.21 -2.73(-0.09%) 台湾加権  17278.74 -81.98(-0.47%) 韓国総合  2492.07 -3.31(-0.13%) ムンバイSENSEX(取引中)*  69552.68 -101.05(-0.14%) タイ SET(取引中)  1380.76 -8.79(-0.63%) ジャカルタ総合(取引中)  7091.89 +4.5(+0.06%) マレーシアFBM KLCI(取引中)  1442.5 -3.32(-0.22%) フィリピン総合  6234.77 -71.08(-1.12%) シンガポールST(取引中)*  3075.02 -12.22(-0.39%) ベトナムVN  1121.49 -4.94(-0.43%) 17時31分現在 *は15分遅れ
関連ニュース
海外株の最新ニュース
マーケットデータ
日経平均 39,910.82 +744.63
TOPIX 2,709.42 +33.69
グロース250 763.60 -8.79
NYダウ 39,087.38 +90.99
ナスダック総合 16,274.94 +183.02
ドル/円 150.65 +0.67
プレミアム銘柄の最新情報
ページTOPへ