IPO銘柄詳細

コード 市場 業種 売買単位 注目度
5572 東証グロース 情報・通信業 100株 A
スケジュール
スケジュール
仮条件決定 2023/04/10
ブックビルディング期間 2023/04/11 - 04/17
公開価格決定 2023/04/18
申込期間 2023/04/19 - 04/24
払込期日 2023/04/25
上場日 2023/04/26
価格情報
想定価格 1,600円
仮条件 1,600 - 1,750円
公開価格 1,750円
初値予想 5,000円
初値 4,445円
  • スケジュールは上場企業都合により変更になる場合があります。
基本情報
代表者名 柳原 尚史(上場時42歳2カ月)/1981年生
本店所在地 東京都千代田区大手町
設立年 2016年
従業員数 32人 (2023/01/31現在)(平均34.4歳、年収819.6万円)
事業内容 AI(人工知能)・ディープラーニング技術のコンサルティングおよび開発、共同事業、ライセンス、保守モデル、自社開発などによるプロダクトの提供、人工衛星データを活用したAI解析ソリューションの提供
URL https://ridge-i.com
株主数 9人 (目論見書より)
資本金 100,000,000円 (2023/03/23現在)
上場時発行済株数 3,794,130株(別に潜在株式231,350株)
公開株数 679,600株(公募330,000株、売り出し261,000株、オーバーアロットメント88,600株)
調達資金使途 人材関連費用、研究開発費、設備関連費用
連結会社 0社
シンジケート
公開株数591,000株(別に88,600株)
種別 証券会社名 株数 比率
主幹事証券 SMBC日興 532,000 90.02%
引受証券 みずほ 17,700 2.99%
引受証券 SBI 17,700 2.99%
引受証券 極東 5,900 1.00%
引受証券 水戸 5,900 1.00%
引受証券 松井 5,900 1.00%
引受証券 楽天 5,900 1.00%
大株主(潜在株式を含む)
大株主名 摘要 株数 比率
柳原尚史 代表取締役社長 1,350,000 36.53%
(株)柳原ホールディングス 社長が議決権の過半数所有 700,000 18.94%
(株)バルカー 資本業務提携先 416,666 11.28%
小松平佳 取締役 375,000 10.14%
(株)SMBC信託(金外信 未来創生2号F 投資業(ファンド) 217,391 5.88%
グローバル・ブレイン7号投組 投資業(ファンド) 138,043 3.74%
オリックス(株) 資本業務提携先 108,695 2.94%
杉山一成 従業員 105,000 2.84%
(株)荏原製作所 取引先の親会社 83,333 2.25%
中井努 取締役 70,000 1.89%
業績動向(単位:百万円)
は予想
決算期 種別 売上高 営業利益 経常利益 純利益
2023/07 単独中間実績 436 83 83 57
2023/07 単独会社予想 1,000 161 161 113
2022/07 単独実績 968 56 109 150
2021/07 単独実績 419 -156 -147 -148
売上高
営業利益
経常利益
純利益
1株あたりの数値(単位:円)
は予想
決算期 種別 EPS BPS 配当
2023/07 単独会社予想 32.69 540.55 0.00
参考類似企業
銘柄 今期予想PER(4/4)
PKSHA
111.1倍 (連結予想)
ヘッドウォータ
108.4倍 (連結予想)
エクサウィザー
- (連結見込)
エッジテクノ
65.4倍 (単独予想)
HEROZ
- (連結予想)
JDSC
999,999.9倍 (連結予想)
トリプルアイス
253.7倍 (連結予想)
pluszero
170.7倍 (単独予想)
TDSE
33.2倍 (単独見込)
事業詳細
 AI(人工知能)分野のコンサルティングと開発。カスタムAIソリューション事業として、コンサルテーション・プランニングからサービスの実現までを支援するフルカスタムAIを受託研究開発している。個社課題にとどまらない業界全体のAI・DX(デジタルトランスフォーメーション)化を進めるAI活用コンサルティング・AI開発サービスを主力に、そこで培ったAIエンジンを顧客のサービスやSaaS(Software as a Service)などのプラットフォーマーへ提供するAIライセンス提供サービスや、人工衛星データの解析や関連するアルゴリズムを開発するサービスも行っている。
 社名は二つの地が双方からぶつかりあって隆起してできるRidge(峰・山の背・尾根)に、最高峰のAI技術と社会課題・クライアントの要望がぶつかりあったところに目指すところがあるという意味が込められている。

1.AI活用コンサルティング・AI開発サービス
 AIの活用ニーズを持つ企業に対して目的・課題に合わせたAIソリューションの提案を基にコンサルティングや開発を行っている。

2.AIライセンス提供サービス
 AIの知見や経験をもとにして顧客との事業連携・製品開発を通じたカスタマイズ開発を行っている。

3.人工衛星データのAI解析サービス
 人工衛星データの収集からAIによる解析を行っている。

 2022年7月期の売上高構成比は、AI活用コンサルティング・AI開発92.4%、AIライセンス提供3.0%、人工衛星AI解析4.6%。主な販売先は三菱商事50.1%、荏原環境プラント13.2%。
コメント
会員サービス「トレーダーズ・プレミアム」にご入会(有料)いただくと、ご覧いただけます。
仮条件分析
会員サービス「トレーダーズ・プレミアム」でご覧ください。
公開価格分析
会員サービス「トレーダーズ・プレミアム」でご覧ください。
初値予想
会員サービス「トレーダーズ・プレミアム」でご覧ください。
初値分析
会員サービス「トレーダーズ・プレミアム」でご覧ください。
IPO更新情報
02/29
エルエズビーの銘柄詳細/現場向けビジネスチャット「direct」など
マーケットデータ
日経平均 39,166.19 -41.84
TOPIX 2,675.73 +0.78
グロース250 772.39 -7.32
NYダウ 38,949.02 -23.39
ナスダック総合 15,947.74 -87.56
ドル/円 149.74 -0.95
ページTOPへ