IPO銘柄詳細

自律制御システム研究所

コード 市場 業種 売買単位 注目度
6232 マザーズ 機械 100株 A
スケジュール
スケジュール
仮条件決定 2018/12/03
ブックビルディング期間 2018/12/05 - 12/11
公開価格決定 2018/12/12
申込期間 2018/12/13 - 12/18
払込期日 2018/12/20
上場日 2018/12/21
価格情報
想定価格 3,380円
仮条件 3,000 - 3,400円
公開価格 3,400円
初値予想 3,800円
初値 2,830円
  • スケジュールは上場企業都合により変更になる場合があります。
基本情報
代表者名 太田 裕朗 (上場時42歳4カ月)/1976年生
本店所在地 千葉県千葉市美浜区
設立年 2013年
従業員数 44人 (2018/10/31現在)(平均36歳、年収515.9万円)
事業内容 商業用ドローンの製造販売および自律制御技術を用いた無人化・IoT(モノのインターネット)化にかかるソリューションサービスの提供
URL https://www.acsl.co.jp/
株主数 21人 (目論見書より)
資本金 1,546,378,000円 (2018/11/16現在)
上場時発行済株数 10,152,105株(別に潜在株式1,286,250株)
公開株数 2,971,200株(公募900,000株、売り出し1,683,700株、オーバーアロットメント387,500株)
調達資金使途 製造関連費用、人件費・採用費、販促費、研究開発費
連結会社 なし
シンジケート
公開株数2,017,600株(別に387,500株)/(国内分)
種別 証券会社名 株数 比率
主幹事証券 みずほ 1,656,200 82.09%
引受証券 野村 77,500 3.84%
引受証券 大和 77,500 3.84%
引受証券 SBI 51,600 2.56%
引受証券 いちよし 51,600 2.56%
引受証券 SMBC日興 25,800 1.28%
引受証券 岡三 25,800 1.28%
引受証券 水戸 25,800 1.28%
引受証券 楽天 25,800 1.28%
大株主(潜在株式を含む)
大株主名 摘要 株数 比率
UTEC3号投組 ベンチャーキャピタル(ファンド) 2,100,000 19.93%
野波 健蔵 取締役会長 1,500,000 14.23%
楽天(株) 特別利害関係者など 1,350,000 12.81%
(株)菊池製作所 特別利害関係者など 1,050,000 9.96%
iGlobePlatinumFundII Pte. Ltd. ベンチャーキャピタル(ファンド) 1,000,005 9.49%
SMBC信託銀行特定運用金外信託口 ベンチャーキャピタル(ファンド) 833,340 7.91%
太田 裕朗 代表取締役社長 525,000 4.98%
鷲谷 聡之 取締役COO 375,000 3.56%
早川 研介 取締役CFO、CAO 375,000 3.56%
みずほ成長支援第2号投組 ベンチャーキャピタル(ファンド) 333,330 3.16%
千葉道場ドローン部1号投組 ベンチャーキャピタル(ファンド) 166,680 1.58%
五十嵐 恵美子 特別利害関係者など 150,000 1.42%
(株)アトックス 特別利害関係者など 150,000 1.42%
業績動向(単位:百万円)
は予想
決算期 種別 売上高 営業利益 経常利益 純利益
2019/03 単独中間実績 246 -232 -86 -87
2019/03 単独予想 803 -302 -150 -150
2018/03 単独実績 370 -542 -454 -460
2017/03 単独実績 156 -533 -486 -488
売上高
営業利益
経常利益
純利益
1株あたりの数値(単位:円)
は予想
決算期 種別 EPS BPS 配当
2019/03 単独予想 -16.01 459.01 0.00
参考類似企業
銘柄 今期予想PER(11/19)
イメージワン
189.9倍 (単独予想)
菊池製作
181.5倍 (連結予想)
サイバダイン
- (連結予想)
事業詳細
 千葉大学発ドローン(飛行ロボット)ベンチャー。自律制御技術を中核に、ドローンの自社開発と、ドローンを活用した無人化・IoT(モノのインターネット)システムの受注開発、生産、販売、サービス提供を展開している。非GPS(衛星利用測位システム)環境下でも画像処理による自己位置推定やAI(人工知能)による環境認識で、完全な自律飛行を実現している。略称のACSLは英語社名「Autonomous Control Systems Laboratory」の頭文字。

 ビジネスモデルは(1)顧客企業のドローン活用による課題解決の概念検証(STEP1)、およびシステム全体の仕様策定と特注システム開発を請け負うシステムインテグレーターとしての役割(STEP2)と、(2)その後の特注システムの量産供給を担う製造業としての役割(STEP3、STEP4)――の2つを併せ持っている。

 具体的なソリューション事例としては、工場設備や建物・橋などの点検、下水道管路内などの閉鎖環境の調査、掘削現場の測量や農地の成育状況のモニタリング、災害現場の把握などが挙げられる。

 ドローン以外の分野でも、機械が「自ら考える」ための制御技術を通信やソフトウエアと組み合わせ、制御プラットフォームとして販売している。

 2018年3月期の売上高構成比は、ソリューションの構築(STEP1~2)58.7%、量産機体の販売(STEP3~4)24.5%、その他16.8%。主な販売先は、楽天15.6%、NTT西日本12.0%。
コメント
会員サービス「トレーダーズ・プレミアム」にご入会(有料)いただくと、ご覧いただけます。
仮条件分析
会員サービス「トレーダーズ・プレミアム」でご覧ください。
公開価格分析
会員サービス「トレーダーズ・プレミアム」でご覧ください。
初値予想
会員サービス「トレーダーズ・プレミアム」でご覧ください。
初値分析
会員サービス「トレーダーズ・プレミアム」でご覧ください。
IPOスケジュール
マーケットデータ
日経平均 38,460.08 +907.92
TOPIX 2,710.73 +44.50
グロース250 655.60 +4.96
NYダウ 38,503.69 +263.71
ナスダック総合 15,696.64 +245.34
ドル/円 154.81 -0.02
ページTOPへ