前場コメント No.7 日清食HD、伊藤忠、電算シスHD、アシロ、モンスターラボ、ネクストジェン

2023/12/07(木) 11:34
★10:48  日清食品HD-5日続伸 子会社ブラジル日清が新工場建設へ
 日清食品ホールディングス<2897.T>が5日続伸。同社は6日に、子会社であるブラジル日清が、ブラジルのパラナ州ポンタグロッサ市に新工場を建設すると発表した。

 2024年6月に着工し、2026年3月の稼働開始を予定。ブラジル日清としては、1981年に稼働を開始したサンパウロ州イビウナ工場、2012年に稼働を開始したペルナンブーコ州グロリアドゴイタ工場に次ぐ3番目の生産拠点になるとしている。

★10:50  伊藤忠商事-SMBC日興が目標株価を引き上げ 来期の注目銘柄 シクリカル・グロースの序章
 伊藤忠商事<8001.T>が反落。SMBC日興証券では、来期の注目銘柄 シクリカル・グロースの序章と指摘。投資評価は「1(アウトパフォーム)」を継続、目標株価を5810円→6620円に引き上げた。

 来期のトップピックと指摘。25/3期予想に基づく総還元利回りは4.2%と、三菱商事6.7%や三井物産4.7%対比だと見劣りする点は否めないという。一方、大手5商社の中では25/3期にかけて唯一YoY増益を予想するほか、積極的な投資スタンス継続のもと新規投資リターンが今後の持続的な増益ドライバーと想定。25/3期~27/3期のEPS成長率平均は約5%と予想している。兎角、商社に対しては株主還元ばかりに目が向きがちではあるが、高ROE経営+シクリカル・グロースは、株価リターンのαをもたらすと考えている。

★10:51  電算システムHD-続伸 Cameyoと日本国内企業へVirtual App Deliveryサービスを提供開始
 電算システムホールディングス<4072.T>が続伸。同社は6日、グループ会社である電算システムが、Cameyo(米国)の日本国内初となる販売代理店契約によるパートナーになったと発表した。

 これにより、電算システムはCameyoのVirtual App Deliveryサービスを日本企業へ提供し、Windows、Linux、SaaS、社内Webアプリなど、あらゆるアプリケーションへのアクセスをChromeOSデバイス上で従業員に提供することが可能になるとしている。

★11:00  アシロ-底堅い 11月度 リーガルメディア事業の掲載顧客数26%増
 アシロ<7378.T>が底堅い。同社は7日9時、11月度のリーガルメディア事業における掲載顧客数は986件(前年同月比25.6%増)だったと発表した。10月度は983件(同27.8%増)だった。

★11:04  モンスターラボ-上げ幅拡大 生成AI活用したレガシーシステムを刷新する新サービス提供開始
 モンスターラボホールディングス<5255.T>が上げ幅拡大。同社は7日11時に、生成AIを活用したレガシーシステムを刷新する新サービスの提供を開始したと発表した。

 新サービスには生成AIを活用して古いコードを書き換える新しいツール「CodeRebuild AI」を搭載する。「CodeRebuild AI」は、初めにブラックボックス化しているシステムの一部を抜き出し、生成AIの活用により構造を捉え新しいコードへ書き換えながら、刷新の実現性を検証していく。生成AIを活用することにより従来よりも検証期間が短縮し、コストも抑えられるのが特徴だとしている。

★11:08  ネクストジェン-7日ぶり反発 MVNO業界のDX推進に向けMATRIXX社との連携を強化
 ネクストジェン<3842.T>が7日ぶり反発。同社は7日11時、5Gおよびデジタル収益化ソリューションの世界的リーダーであるMATRIXX Software(米国)との連携を強化し、サービスの使用状況を即座に可視化することに加え、すべての請求および課金システムを1つのプラットフォームに統合したソリューションの提供を11月より開始したと発表した。

 同ソリューションは既に日本の大手通信情報会社で導入され現在も稼働中であり、そこでの導入ノウハウや技術的知見をもとに、導入コンサルティングも含めたMVNOの事業運営を総合的にサポートするソリューションとして展開するとしている。


関連ニュース
日本株の最新ニュース
マーケットデータ
日経平均 39,910.82 +744.63
TOPIX 2,709.42 +33.69
グロース250 763.60 -8.79
NYダウ 39,087.38 +90.99
ナスダック総合 16,274.94 +183.02
ドル/円 150.65 +0.67
プレミアム銘柄の最新情報
ページTOPへ