IPO銘柄詳細

レオス・キャピタルワークス

コード 市場 業種 売買単位 注目度
7330 東証グロース 証券商品先物 100株 A
スケジュール
スケジュール
仮条件決定 2023/04/07
ブックビルディング期間 2023/04/10 - 04/14
公開価格決定 2023/04/17
申込期間 2023/04/18 - 04/21
払込期日 2023/04/24
上場日 2023/04/25
価格情報
想定価格 1,400円
仮条件 1,100 - 1,300円
公開価格 1,300円
初値予想 1,300円
初値 1,730円
  • スケジュールは上場企業都合により変更になる場合があります。
基本情報
代表者名 藤野 英人(上場時56歳7カ月)/1966年生
本店所在地 東京都千代田区丸の内
設立年 2003年
従業員数 114人 (2023/01/31現在)(平均40歳、年収1082万円)、連結116人
事業内容 投資信託の設定、運用ならびに販売業務・投資一任契約に基づく投資顧問業務
URL https://www.rheos.jp/
株主数 11人 (目論見書より)
資本金 100,000,000円 (2023/03/22現在)
上場時発行済株数 12,374,300株(別に潜在株式873,000株)
公開株数 3,700,000株(公募357,700株、売り出し2,859,700株、オーバーアロットメント482,600株)
調達資金使途 システム投資、運転資金
連結会社 3社
シンジケート
公開株数3,217,400株(別に482,600株)/海外分含む
種別 証券会社名 株数 比率
主幹事証券 大和 2,252,800 70.02%
主幹事証券 SBI 868,600 27.00%
引受証券 楽天 16,000 0.50%
引受証券 FFG 16,000 0.50%
引受証券 マネックス 16,000 0.50%
引受証券 野村 16,000 0.50%
引受証券 三菱UFJモルガン・スタンレー 16,000 0.50%
引受証券 松井 16,000 0.50%
大株主(潜在株式を含む)
大株主名 摘要 株数 比率
SBIファイナンシャルサービシーズ(株) 親会社 6,161,700 47.80%
(株)ISホールディングス その他の関係会社 3,051,000 23.67%
遠藤昭二 その他の関係会社の代表取締役社長 1,427,300 11.07%
藤野英人 代表取締役会長兼社長など 540,000 4.19%
湯浅光裕 代表取締役副社長 420,500 3.26%
遠藤美樹 常務取締役 180,000 1.40%
(株)3A 特別利害関係者など 179,500 1.39%
五十嵐毅 従業員 81,200 0.63%
渡辺庄太 従業員 71,000 0.55%
高橋修 従業員 70,000 0.54%
吉原英 従業員 70,000 0.54%
業績動向(単位:百万円)
は予想
決算期 種別 営業収益 営業利益 経常利益 純利益
2023/03 連結3Q累計実績 7,242 1,181 1,195 775
2023/03 連結会社予想 9,676 1,607 1,623 1,053
2022/03 連結実績 9,479 1,952 1,969 1,303
2021/03 単独実績 6,783 1,265 1,265 849
営業収益
営業利益
経常利益
純利益
1株あたりの数値(単位:円)
は予想
決算期 種別 EPS BPS 配当
2023/03 連結会社予想 87.68 471.36 -
参考類似企業
銘柄 今期予想PER(4/4)
いちご
14.1倍 (連結見込)
UNITED
6.2倍 (連結見込)
ファンドクリG
14.2倍 (連結予想)
Fブラザース
6.2倍 (連結予想)
DI
18.5倍 (連結見込)
マーキュリアHD
9.1倍 (連結予想)
フューチャーVC
51.3倍 (連結見込)
アジア投資
34.5倍 (連結見込)
ジャフコG
52.1倍 (連結見込)
スパークスG
13.0倍 (連結見込)
NECキャピ
7.4倍 (連結見込)
事業詳細
 SBIの投資運用子会社。「レオス」は古代ギリシャ語で「流れ」という意味があり、資産「キャピタル」の「流れ(レオス)」をつくる工房「ワークス」を社名の由来とする。2023年2月末現在の全社運用残高は1兆1387億円。
 前回2018年11月の上場承認時は金融事業を中核とするISホールディングスの子会社だったが、20年6月に現親会社が株式の過半数を取得した。上場後の親会社保有割合は48.89%に下がるが、引き続き連結子会社となる予定である。

1.投資信託委託業務
 「ひふみ」ブランドの投資信託を設定、運用、販売している。直接販売と銀行や証券会社を経由する間接販売があり、運用残高は後者を主力とする。

2.投資顧問業務(投資一任契約に係る業務)
 投資一任契約に基づき、国内企業年金基金や海外ソブリンウェルスファンドなどを受託運用している。

3.その他業務
 2022年2月RheosCP1号投資事業有限責任組合を設立し、ベンチャーキャピタル業務を開始した。

 2022年3月期の営業収益構成比は、委託者報酬96.6%、投資顧問報酬3.4%。2022年末の運用残高構成比は公募投信(直接販売)16.5%、公募投信(間接販売)73.4%、私募投信0.1%、投資顧問9.9%。
コメント
会員サービス「トレーダーズ・プレミアム」にご入会(有料)いただくと、ご覧いただけます。
仮条件分析
会員サービス「トレーダーズ・プレミアム」でご覧ください。
公開価格分析
会員サービス「トレーダーズ・プレミアム」でご覧ください。
初値予想
会員サービス「トレーダーズ・プレミアム」でご覧ください。
初値分析
会員サービス「トレーダーズ・プレミアム」でご覧ください。
IPO更新情報
02/29
エルエズビーの銘柄詳細/現場向けビジネスチャット「direct」など
マーケットデータ
日経平均 39,910.82 +744.63
TOPIX 2,709.42 +33.69
グロース250 763.60 -8.79
NYダウ 39,087.38 +90.99
ナスダック総合 16,274.94 +183.02
ドル/円 150.65 +0.67
ページTOPへ