IPO銘柄詳細

コード 市場 業種 売買単位 注目度
5254 東証グロース 情報・通信業 100株 B
スケジュール
スケジュール
仮条件決定 2023/03/08
ブックビルディング期間 2023/03/09 - 03/15
公開価格決定 2023/03/16
申込期間 2023/03/17 - 03/23
払込期日 2023/03/27
上場日 2023/03/28
価格情報
想定価格 1,750円
仮条件 1,140 - 1,440円
公開価格 1,440円
初値予想 1,750円
初値 1,802円
  • スケジュールは上場企業都合により変更になる場合があります。
基本情報
代表者名 鴨林 広軌(上場時40歳9カ月)/1982年生
本店所在地 東京都中央区八丁堀(実質上:静岡県浜松市中区和地山)
設立年 2012年
従業員数 56人 (2023/01/31現在)(平均37.8歳、年収641.3万円)、連結59人
事業内容 建設業界を中心としたDX(デジタルトランスフォーメーション)コンサルティング、システム開発、システム販売など
URL https://arent.co.jp/
株主数 29人 (目論見書より)
資本金 150,000,000円 (2023/02/20現在)
上場時発行済株数 6,023,280株(別に潜在株式709,200株)
公開株数 1,345,500株(公募700,000株、売り出し470,000株、オーバーアロットメント175,500株)
調達資金使途 広報マーケティング費、採用関連費、新プロダクト・事業開発費、関連会社の事業拡大・販売体制強化のための投融資
連結会社 子会社1社、持ち分法適用関連会社1社
シンジケート
公開株数1,170,000株(別に175,500株)
種別 証券会社名 株数 比率
主幹事証券 みずほ 994,600 85.01%
引受証券 SBI 93,600 8.00%
引受証券 野村 58,500 5.00%
引受証券 楽天 11,700 1.00%
引受証券 岩井コスモ 5,800 0.50%
引受証券 岡三 5,800 0.50%
大株主(潜在株式を含む)
大株主名 摘要 株数 比率
鴨林広軌 代表取締役社長 2,411,480 39.98%
梅林真如 新株予約権信託の受託者 702,600 11.65%
SBI4&5投組 投資業(ファンド) 457,840 7.59%
佐海文隆 代表取締役副社長 440,000 7.29%
大北尚永 元取締役 400,000 6.63%
中川高志 従業員 400,000 6.63%
丸山篤史 従業員 400,000 6.63%
SBI4&5投組2号 投資業(ファンド) 120,960 2.01%
(同)J&TC Frontier 投資業(ファンド) 112,520 1.87%
清水利恭 従業員 92,440 1.53%
しんきん-やらまいか投組 投資業(ファンド) 62,520 1.04%
投組しんきんの翼 投資業(ファンド) 62,520 1.04%
業績動向(単位:百万円)
は予想
決算期 種別 売上高 営業利益 経常利益 純利益
2023/06 連結中間実績 851 301 168 75
2023/06 連結会社予想 1,868 523 286 204
2022/06 連結実績 1,011 243 14 -48
2021/06 連結実績 722 165 45 -19
売上高
営業利益
経常利益
純利益
1株あたりの数値(単位:円)
は予想
決算期 種別 EPS BPS 配当
2023/06 連結会社予想 37.05 515.41 0.00
参考類似企業
銘柄 今期予想PER(2/28)
川田TECH
8.9倍 (連結予想)
エコモット
141.2倍 (連結予想)
スパイダーP
- (単独予想)
シーティーエス
17.3倍 (連結予想)
応用技術
20.3倍 (単独予想)
アイサンテクノロ
52.6倍 (連結予想)
菱友システム
8.5倍 (連結予想)
福井コンピ
15.9倍 (連結予想)
事業詳細
 建設業向けソフトウエア開発。主に建設業界やプラントエンジニアリング業界の大手企業に対し、DX(デジタルトランスフォーメーション)による業務効率化や生産性向上を実現するためのコンサルティングやシステム開発・販売を展開している。

1.プロダクト共創開発
 建設業界の大手企業などに対し、DX支援のためのコンサルティングとシステム開発(主に準委任契約)を行っている。

2.共創プロダクト販売
 1.のプロダクト共創開発による成果を商品化し、外販している。具体的には千代田化工建設と折半出資したジョイントベンチャー、PlantStream社が主にプラントエンジニアリング業界に対し、プラント設計の配管作業を自動化するソフトウエア「PlantStream」をライセンス販売しており、利用期間に応じた継続的な収益を得ている。
 ただし、PlantStream社は持ち分法適用関連会社に該当するため、会計処理上は連結売上高から全額が調整額により消去される。

3.自社プロダクト
 主に建設業界に対し、自社開発したソフトウエアをライセンス販売し、利用期間に応じた継続的な収益獲得を目指している。具体的には建設業界向けに2022年4月、米オートデスク社が提供するBIM(建物情報モデル)ツール「Revit」のアドイン(追加機能)として、鉄筋配置自動化ツール「LightningBIM 自動配筋」をリリースした。

 2022年6月期の連結売上高構成比は、プロダクト共創開発(持ち分法会社との内部取引含む)115.0%、共創プロダクト販売4.2%(持ち分割合分のみ)、自社プロダクト0.0%、調整額△19.3%。調整前の場合では、プロダクト共創開発96.4%、共創プロダクト販売3.6%、自社プロダクト0.0%。主な販売先はPlantStream46.4%、イオンファンタジー12.4%、高砂熱学工業11.3%。
コメント
会員サービス「トレーダーズ・プレミアム」にご入会(有料)いただくと、ご覧いただけます。
仮条件分析
会員サービス「トレーダーズ・プレミアム」でご覧ください。
公開価格分析
会員サービス「トレーダーズ・プレミアム」でご覧ください。
初値予想
会員サービス「トレーダーズ・プレミアム」でご覧ください。
初値分析
会員サービス「トレーダーズ・プレミアム」でご覧ください。
IPO更新情報
02/29
エルエズビーの銘柄詳細/現場向けビジネスチャット「direct」など
マーケットデータ
日経平均 39,166.19 -41.84
TOPIX 2,675.73 +0.78
グロース250 772.39 -7.32
NYダウ 38,949.02 -23.39
ナスダック総合 15,947.74 -87.56
ドル/円 149.74 -0.95
ページTOPへ