株式会社 アイドマ・ホールディングス最近の株価注目度/B
コード/7373市場/マザーズ業種/サービス業売買単位/100株
事業内容法人向けに営業戦略の立案・実行・検証・改善提案までをワンストップで提供する営業支援、営業DXツールの開発・活用支援、クラウドワーカーに特化した就労支援サイトの運営、クラウドワーカーを活用した業務フローの構築・運用支援、クラウドワーカー活用支援ツールの開発・活用
スケジュール価格情報
仮条件決定6/3仮条件1,830 〜 1,930
ブックビルディング期間6/7 - 6/11
公開価格決定6/14公開価格1,930
申込期間6/15 - 6/18初値予想
※有料情報のご案内
3,500
払込期日6/22
上場6/23初値3,430
※スケジュールは上場企業都合により変更になる場合があります。
基本事項https://www.aidma-hd.jp/
代表者名三浦 陽平(上場時38歳3カ月)/1983年生
本店所在地東京都豊島区南池袋
設立年2008年
従業員数136人 (4/30現在)(平均29.4歳、年収542.8万円)、連結141人
株主数9人 (目論見書より)
資本金49,050,000円 (5/20現在)
上場時発行済み株数7,376,000株 (別に潜在株式283,800株)
公開株数1,575,500株(公募950,000株、売り出し420,000株、オーバーアロットメント205,500株)
シンジケート公開株数1,370,000株 
(別に205,500株)/
単位(株)単位(%)
主幹事証券みずほ1,233,00090.00
引受証券SBI68,5005.00
引受証券東洋13,7001.00
引受証券マネックス13,7001.00
引受証券極東13,7001.00
引受証券楽天13,7001.00
引受証券エース13,7001.00
大株主※潜在株式を含む単位(株)単位(%)
JPM(株)役員らが議決権の過半数を所有する会社3,000,00044.71
三浦陽平代表取締役社長2,791,20041.60
K&Pパートナーズ2号投組ベンチャーキャピタル(ファンド)273,0004.07
佐賀寛厚顧問弁護士、新株予約権信託の受託者253,2003.77
K&Pパートナーズ3号投組ベンチャーキャピタル(ファンド)153,0002.28
三浦和広取締役134,5202.00
識学1号投組無限責任組合員ベンチャーキャピタル(ファンド)51,3900.77
阿部光良取締役19,2900.29
若林稔監査役4,8000.07
(株)コバ役員らが議決権の過半数を所有する会社4,8000.07
業績動向(百万円)売上高営業利益経常利益純利益
(連結実績)2019.81,29411911984
(連結実績)2020.81,829210216164
(連結予想)2021.83,476767734480
(連結中間実績)2021.81,606469472310
1株当たりの数値(円)EPSBPS配当
(連結予想)2021.872.64360.790
調達資金使途採用費、広告宣伝費、システム開発費、オフィス移転費など
連結会社1社
参考類似企業今期予想PER(5/25)
3681  ブイキューブ30.9倍(連結予想 )
3900  クラウドワクス71.2倍(連結予想 )
3979  うるる-倍(連結予想 )
4310  DI103.5倍(連結予想 )
4484  ランサーズ-倍(連結予想 )
4792  山田コンサル16.4倍(連結予想 )
7034  プロレド36.9倍(連結予想 )
7038  フロンティアM22.4倍(連結予想 )
9644  タナベ経42.6倍(連結予想 )
9757  船総研HD29.6倍(連結予想 )
事業詳細
 営業コンサルティングなど。営業体制が確立されていない中小企業を中心に、営業業務のアウトソーシングや営業組織構築のコンサル、テスマーケティングなど営業支援を展開している。主婦向け在宅ワーク(内職)のクラウドソーシングや、ビデオ会議システムなども手掛ける。
 アイドマとは消費者の購買決定プロセスを説明するマーケティング用語。Attention(注意)、Interest(関心)、Desire(欲求)、Memory(記憶)、Action(購買行動)の頭文字からなる。

1.セールス・プラットフォーム事業
 法人向けビジネス企業の商材やサービスに応じたテストマーケティングの実行を支援している。おおむね1年にわたって営業プランを検証し、効果の高いパターンを見つけ出し、顧客の営業活動における成果の追求、生産性向上を支援する。

2.ママワークス事業
 在宅ワークに特化した求人サイト(クラウドソーシング)「ママワークス」を運営している。登録会員数は2021年3月時点で26万人を超えている。同社自身も2021年3月時点で1300名を超える在宅ワーカーと業務委託契約を締結している。
 また、サイト運営だけでなく、セールス・プラットフォーム事業の顧客に在宅ワーカーを活用した業務を実現させるため、運用フロー構築のコンサルティングも行っている。

3.meet in事業
 商談・面接用のオンラインコミュニケーションインフラ「meet in」を提供している。ダウンロードやインストールは一切不要で、発行されたURLをクリックするだけで相手方につなぐことができる。21年3月末時点で3400社を超える企業に導入されている。

 2020年8月期の連結売上高構成比は、セールス・プラットフォーム事業81.8%、ママワークス11.4%、meet in事業6.8%。

「1株当たりの数値」においての注意
※BPS(1株当たり純資産)は直近四半期末の純資産に、公募による調達資金と2016年以降の上場銘柄については通期純利益予想の未経過分を足し、上場時発行済み株数で除したもの。純資産からは優先株式の発行金額・配当金や少数株主持ち分などを控除する。上場時発行済み株式数からは自己株式数を控除する。